アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー

<   2018年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

説明する、意図を伝える

月末の職員会議。

キラキラの教職員全員がアンボセリロード・キャンパスに集結し、
各自、2018初の月給を手にしたうえで、
校長(教務主任)アレックス先生の司会で会合が始まりました。

各自が持ち時間3分の間に自己紹介と最近気になることや今年の抱負などを語る、
というつもりだったのですが、
蓋を開ければ、名前を言ってそれでおしまい!という人が数名おり、
正直「いったい何が起こったんだ」と驚いてしまいました。

私は、アレックス先生はもうキラキラ勤続3年目になるし、
わざわざ詳細を説明しなくてもわかってくれるだろうという慢心があったのかもしれません。
この日の職員会議の議題を気楽に「自己紹介」と書いて渡してしまったものですから、
純粋無垢な彼はそれを真に受けて、教職員全員にそう伝えたのでしょう。

育って来た背景の違う異国の人とのコミュニケーションは、
これでもかというほどに詳細を正確に伝える必要があります。
ふんだんに例え話を引用しながら、
あるいは、見本などを実際に見せながら、
相手の理解を深めていく必要があります。


私からの3分間は、
まあ、私ということで10分くらいいただいて、
3点気付いたことをお話させていただきました。


①規律を守るこどもたちを育てるには?

幼稚園での朝礼・夕礼をもう一度見直してしっかりとやっていきましょう。


②イベントに対する教職員の姿勢

単にイベントをこなして「ああよかったね」で終わりではなく、
イベントも教育の一環だということを自覚すべし。
イベントに際し、教員自身・児童たちを対象に、計画・実行・評価がなくてはならない。


③説明力

ケニアの人たちは説明力が弱い。
例:アンボセリロード・キャンパスから幼稚園までの道のりを、
絵を描かず、「こそあど」言葉を使わずに、正確に説明できるか?
こどもたちは教職員の説明を聞いてものを知り、
その説明の仕方をまねしながら大人になっていく。
上手な説明のこつは作文のこつにも似ている。
接続詞を効果的に使う、句読点的な箇所で間を置く、
段落ごとにテーマを決め、段落の切り替わりを明らかにする、など。


全員が少しずつ話し終わって、
良いコメントだなと思ったのが、
「児童たちそれぞれの才能を伸ばしてやるべき」
「教員仲間どうしで、お互いに教え合い、修正し合うべき」
「幼稚園では新入園児はお行儀が良いが、昨年・一昨年入園の子たちの方が問題だ」
など。
コメントした本人、関連する教職員、
それぞれに、評価と対策が必要です。


ジャシンタ先生によるコメントは、
いろいろ多岐にわたりました。

とくに、際立ったのは、
気持ちの面で仕事に集中していない2人の教職員に対し、
名指しはせず、暗に、戦略的に、優しい言葉ながらも、痛烈な非難を浴びせつつ、
一般論的な仕事論を話したときです。

何故仕事に身が入らないか?
この2人には明らかな理由(本人たちの私的な問題)があるのですが、
単なる他人の話ではなく、
私自身も、誰もが、いつそうなるとも限りません。

人間は弱い。
しかし、いつまでもそのことを盾に言い訳をしていたら社会が成り立ちません。
「社会人」「被雇用者」「学校の教職員」である以上、
自制と原点回帰が必要です。

恐らく若気のいたりであったのでしょう。
その2人が確かに自分に対する激励的な非難だと受け止めて、
猛省し、
立ち直りのきっかけがうまくつかめるよう願います。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2018-01-31 23:09 | 現地で 全般・他

土曜に脳と心を刺激する

キラキラ土曜補習教室ですが、
毎回参加者が増えつつあります。

これまでは、給食を用意する都合と、
少人数精鋭でやりたいという思いから、
いろいろとやり繰りして人数を制限してきました。

しかし、当面は土曜の給食をお休みし、
久しぶりゆえに誰が本当に補習の訓練にふさわしいか見極めていくために、
人数制限を緩くしながら受け入れていく方針を取ることにしました。

というわけで、今回の土曜補習教室の参加は計19名。

こどもたちに対し、新たな3つのねらいを明らかにしました。
①脳(暗記)をフルに活用する
②脳(思考)をフルに活用する
③心をフルに活用する

①は、小学校在学児の年齢は、
脳が丸暗記に最も適した時期であることから、
一生もんの知識を今のうちに身につけておこう!というねらいです。
覚える時点では脳を使いますが、
覚えてしまえば身体で覚えている状態、もはや知識ではなく血や肉にしてしまうのが理想です。
同時に、忘れてしまってもそれを自ら引き出せるように脳の下地をつくっておくことも重要です。

②は、一生懸命脳を刺激して試行錯誤しようということです。
仮に、1から20までの数字は舌が覚えていて脳を使わないでもすらすら唱えることができますが、
逆に20から1まで下ってくるとなると、脳を使いながら一生懸命唱えなければなりません。
算数の応用問題などに論理的に取り組むくせを低学年のうちからつけておくべきでもあります。
簡単な作文(日記など)を書くにも脳を使います。
絵を描くのも脳を使います。
創作活動も、想像以上に数学的で、脳を刺激します。
音楽も、いろいろな合唱(輪唱したり、男子はドレミで女子は歌詞で歌う、など)をすることで、脳を刺激します。
何でも自分の言葉で「説明」させることによって脳がかなり動きます。

③は、心の部分、情緒とか、愛とか、礼儀とか、そういう問題です。
何か言われたら必ず返事(はい、ありがとう、ごめんなさい、他)を言い返すことは大事です。
ただ「ありがとう」を条件反射的に言うのではなく、心をこめなければ意味がありません。
ポケットに手を入れたまま「ありがとう」と言っても心はこもりません。
先生に呼びかけられた時、先生が立っていたら、自分も立って応じるべきです。
2枚だけプリントがあり、それを必要としている児童が5人いる場合、自分たちで都合して席順を変えたりして対応すべきです。
19人が4グループに分かれるとき、5・5・5・4人になるように、それぞれにリーダー的上級生がいるように、自分たちで都合つけて対処すべきです。
課題がなかなかできない子がいたら、放っておいたり、馬鹿にしたりせず、助けてあげるべきです。
他の子が苦労した末に課題を達成したら、自分のことのように喜んであげるべきです。

残念ながら、ケニアの教育現場で、これら3つを前面に押し出して徹底的に頑張っている様子は見たことがありません。
どの先生も、学科の課程をクリアしていくのに夢中で、余計なことを言わないししないのです。
ですので、キラキラ土曜補習教室に来るこどもたちが、学科の内容ではなく、私からこういった抽象的な指導を受けるのは、かなり新鮮で刺激的で面白いのかもしれません。

ここ10年間のケニアの教育の普及や発展はやり方を間違えた、
ゆえに、今現在のケニア社会が混乱している、ということは、
ケニア政府自身、および、私たちの共通の見解であります。

教育は、
単に高得点を取って競争しあうものでもなく、
単に出世や金儲けの道具なのではなく、
生涯を通して楽しむもの、
実生活に応用していくもの、
愛をもって助け合うものであるべきなのです。

そう言う意味で、
①暗記して血や肉となった知識
②試行錯誤を繰り返して脳を動かす習慣
③心の成熟
を、これからも土曜補習教室を中心に取り組んでいきたいです。


ミスター・キラキラことジョゴーくんは、
土曜日に、多くの上級生たちと、そして、多くの下級生たちと、
サッカーなどの遊びを繰り返してきました。

b0124020_19183285.jpg



















これまでは、教わった歌しか演奏できない子ばかりでしたが、
ノゾミさんは日本の小学校での音楽の授業で脳が刺激され、
自ら音を探して次々に違う歌を演奏できるようになりつつあります。

b0124020_19183235.jpg



















キラキラ学園幼稚園および1年生合同のお誕生会で使用する
折り紙のネックレスづくりをしました。
年間で150超のネックレスが必要ですが、
この日は48個を作成しました。
残りは後日、1・2年生の創作の時間に作らせます。
その際に、この土曜補習教室のメンバーたちが、
周りのこどもたちに指導できるようになるのです。

b0124020_19183256.jpg



















今週もお疲れさま!
さあ、これから家に帰って、
制服を洗濯したり、靴を洗ったり、遊んだり、
良い週末を過ごし、
月曜にまた元気に会いましょう!

b0124020_19183323.jpg



















相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2018-01-27 20:09 | 現地で 補習教室・他
キラキラ学園小学校の3・4・5年生部門があるビリカ・キャンパス。
今年度の校長(教務主任)であるアレックス先生が撮影した画像を眺めながら、
その学校生活の風景を少し観賞してまいりましょう。


新しいキャンパス、
新しい教室、
真新しいかのように磨き上げられた机で、
心機一転、勉強にも身が入る3年生です。

b0124020_04544680.jpg



















3年生はスクールバスでの通学も初めて。
しかし、バスの色を真っ黄色に塗った後で、
4・5年生にとっても真新しいかのようなバスに様変わりです。

b0124020_04544639.jpg



















体育の授業で、
サッカーのインサイドキックの練習です。

b0124020_04544763.jpg



















サッカーのヘディングの練習です。

b0124020_04544704.jpg



















ネットボール(ドリブルのないパス主体のバスケットボールのようなもの)の試合です。

b0124020_04544743.jpg



















走高跳です。

b0124020_04544829.jpg



















ベリーロールや背面跳びはしません(マットがないのでできません)が、
正面跳びやはさみ跳びだけで、十分高さがあります。
アフリカっ子の身体能力の高さは想像以上?期待通り?

b0124020_04544885.jpg



















でも、身体を鍛えるチャンスや環境があるのは日本のこどもたちの方です。
公園でも学校でも、どこにでも鉄棒その他の施設があり、
いろいろ技を試すことができるのですから。

日本のこどもたち、どんどん外に出て、身体を鍛えてくださいね!

日本で教わってきた鉄棒の「だるま周り」を披露するノゾミさん(3年生)。
鉄棒があるのはナマンガの町の中で多分ここだけ!
安全性の問題もあるので、
キラキラのこどもたちが鉄棒に十分に慣れてきた頃に、
次の遊具や施設を導入していきたいと思います。

b0124020_04544634.jpg



















相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2018-01-26 21:51 | 現地で 小学校

幼稚園始業日の風景

キラキラ保育園、改め、キラキラ学園幼稚部、として書いてきましたが、
わかりやすくなじみやすくということで、
キラキラ学園幼稚園、で今後は名称を統一していこうと思います。

同様に、
キラキラ小学校、改め、キラキラ学園初等部、としてきましたが、
キラキラ学園小学校、とさせていただきます。


さて、去る1月9日のキラキラ学園幼稚園の始業の朝の様子です。
撮影者は今年度校長のアレックス先生

既に初登園の手続きを済ませた子たちは、
早速円になってみんなで遊んでいます。

背後に、園舎に近い方で、
いくつかの窓口があって、
親子たちが行列をつくりながら一つ一つ手続きしている様子が見えます。

b0124020_04461476.jpg



















行列が途絶え、
手続きが一通り終わったところで、
新年度最初の朝礼です。

始業日の出席率は60%ほど。
みんな、始業日までに学費をきちんと工面できないのです。

始業から3週間近く経った今でも出席率は90%ほど。
まだまだ学費工面中、自宅待機中の子がいるのです。

ですので、ご覧の通り、朝礼もこじんまりとしています。
むしろ、先生方の方が多いかのようです。
小学校の先生方全員が助っ人として来ているからです。

b0124020_04492607.jpg



















相原 記
[PR]
by kjkirakira | 2018-01-26 20:48 | 現地で 保育園

上里小学校への絵手紙

キラキラ学園小学校3年生になったばかりのノゾミさんが、
11月と12月に在籍(留学)させていただいたさいたま市立上里小学校へ、
自分たちのケニアの様子を知ってほしいと、
クラスメートのみんなと一緒に絵手紙を書くことにしました。


ところで、2007年5月に、
私とジャシンタ先生とで、
上里小学校の全学年に対して6回に分けて特別授業をしたことがありました。
その後、いくつかの学年から感謝の絵手紙をいただき、
それに対し、2009年7月に、
キラキラ土曜補習教室のみんなと一緒に絵手紙を書き送り、
それがずっと上里小学校の玄関フロアーの壁に飾られているのです。

b0124020_21163301.jpg



















当時まだ赤ちゃんだったノゾミさんの姿も見られます。

b0124020_21163416.jpg



















ということで、今回は、
8年半ぶりのキラキラから上里小学校への絵手紙ということになります。


3年生の教室全景です。
みんな、集中して書いたり描いたりしています。

b0124020_21253375.jpg



















背が低い子は、
椅子に腰かけると机が高すぎるのか、
立って書く方が書きやすいようです。

b0124020_21253265.jpg



















クレヨンは各机(2~3人がけ)ごとに1箱

b0124020_21253272.jpg



















だいたい見本通りに描けたら、
各自それぞれに創意工夫の絵画を追加していきます。

b0124020_21253205.jpg



















時間の許す限り最善に近づける!という気迫が伝わってきます。

b0124020_21253316.jpg



















ノゾミさんはいちばん後ろの席

b0124020_21253395.jpg



















みんな、上手に描けました。

b0124020_21253364.jpg



















3年生の教室(2015年10月建立)の前で
担任教師のドロシー先生とともにみんなで記念撮影です。

b0124020_21253379.jpg



















「ぼくも日本に行ける?」
「わたしの絵は上手って言ってもらえるかな?」
などと、興味を示し、興奮し、大いに楽しみました。

b0124020_21253201.jpg



















相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2018-01-24 22:09 | 現地で 小学校
キラキラ学園小学校新1年生のヒカリさんが、
去る11月と12月に在籍(留学)させていただいた日本の東岩槻幼稚園に、
ぜひともケニアの学校の様子を見ていただこうと、
クラスメートのみんなと一緒に絵手紙を書くことにしました。


朝礼前に1年生たちの集合写真を撮りました。
1年生の担任教師のユーニス先生も一緒です。
ヒカリさんは最前列右から4人目。

b0124020_20005530.jpg



















ヒカリさんは教室内では最前列の
黒板から見ていちばん右側に腰かけています。
おとなりのジョイさんともども、キラキラ学園幼稚園の出身です。

b0124020_20005567.jpg



















みんなで絵手紙を書きます。
混雑しているように見えますが、
それでもナマンガの平均的な学校に比べるとかなりゆうゆうと腰かけているのですよ。

b0124020_20005647.jpg



















絵を描いて色を塗るとなると、
普通の学科の授業よりも楽しそうです。

b0124020_20005693.jpg



















いろんな色を塗り分けて、
時間の許す限り描き続けていたいようです。

b0124020_20005674.jpg



















色を塗るのに夢中で、
「ほら、こっち向いて」と声かけしてようやくカメラ目線。

b0124020_20005576.jpg



















さて、体育の時間に各学年男女別に200m走です。

まずは1年生女子

往路の上り

b0124020_20005623.jpg



















復路の下り

b0124020_20005659.jpg



















ケニア=マラソンと言われておりますが、
もし、キラキラ学園1年生(昨年は年長組)が、
東岩槻幼稚園のマラソン大会に混ざって参加していたとしたら、
案外お互いにばらけてそれぞれのポジションでいい勝負をしてくれていたのではないかと思います。

しかし、ケニアのこどもたちがある程度大きくなって、
十代後半以降に本気になってトレーニングしたときには、
圧倒的に速くなって、日本の若者の敵にはならなくなるでしょう。

東岩槻幼稚園もキラキラ学園も、
体育には力を入れていますので、
これからもお互いに切磋琢磨していけたら幸いです。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2018-01-24 19:57 | 現地で 小学校

幼稚部の強化へ!

キラキラ学園幼稚部での規律順守がなあなあになってしまったために、
キラキラ学園新1年生たちの自制力が明らかに低い。
規律順守の姿勢を鍛える最たる部分である朝礼・夕礼を強化しなくては!
というブログ記事を先日書きました。

そういったことも含め、
幼稚部の弱体化が学園全体の将来を揺るがすこと、
逆に幼稚部を強化することで学園全体が安定・発展することは明らかです。

他の状況が比較的落ち着いていて余裕があるこの新年度始業の1月、
代表(学園長)のジャシンタ先生が、
精力的に幼稚部強化に乗り出しました。

もともと経験豊富で能力の高い幼稚園教師であり、
2004年のキラキラ保育園開園から2011年頃まで、
自らキラキラ保育園の主に年長組を担当し、
キラキラの盤石な基礎を築いてきた創始者・第一人者であるだけに、
全く頼もしい限りです。


ジャシンタ先生自らが朝礼を先導します。
こどもたちに規律順守を促すと同時に、
意図的にこどもたちの注目を集め、
自然と規律が順守されてまとまりのある朝礼になっていた、
という"マジック"も必要なのです。

b0124020_17082574.jpg



















そういうジャシンタ先生の手本を見て、
先生方も真似をしたりしながらいろいろ学んでほしいものです。

b0124020_17082612.jpg



















朝礼後にはトイレに行って、
それからそれぞれの教室に入ります。
この、トイレの行き方一つをとっても、
しっかりと整列させて行進させて行かせるようにするだけで、
規律順守の習慣が身につくのです。

b0124020_17082686.jpg



















年長組の教室に入り、
わざとみなを起立させて、
集中力を高めます。
こうすることで、
この後のいろいろな活動(書いたり描いたり)も、
心を落ち着けて、集中して取り組むことができるようになるのです。

b0124020_17082579.jpg



















さて、キラキラ学園幼稚園児たちの規律順守・自制心が低下している理由を、
さらにさらに考えています。

家庭側の理由として、
もう一つ考えられることがあります。

つい10年くらい前のナマンガでは、
まだまだ昔ながらの共同体が栄えており、
大家族が近くに住み、
お祖父ちゃん・お祖母ちゃんが孫たちに規律順守を指導し、
同時にお祖父ちゃん・お祖母ちゃんは孫たちに愛を注ぎ、
お父さん・お母さんもあまり忙しくなく家庭をしっかりと顧みることができ、
こどもたちの養育環境が整っていたと言えます。

そうした快適な環境の中で、
こどもたちは目上の人を敬愛するようになり、
目上の人に何かを指示されたら迅速に行動するようになったのです。

しかし、その後のケニアに民主化、学歴偏重、経済成長の波が押し寄せ、
核家族化が進み、
「自分勝手」が「自由」だと錯覚する市民が増え、
お勉強優先で礼儀がないがしろにされ、
ますますお金がかかる生活の中で大人たちが忙しくなり家庭がないがしろにされ、
こどもたちのしつけもなあなあになり、
こどもたちの規律順守も自制もおぼつかなくなってきてしまったのです。

これは、キラキラ学園云々ではなく、
国全体の抱える問題、いや、全世界の問題と言えそうです。

ある朝、年中組の男の子2人が、
私が何度言っても言うことを聞かずに、
けらけら笑いながら逃げ回るという事態が生じました。
一昔前のキラキラ保育園ではあり得なかった事態です。

そして、一昔前であれば、
捕まえて、ひっぱたいて、根性を叩きこむ手法で良かったのでしょうが、
今はそういう時代でもありません。

そこで、私は2人の腕を捕まえて、
私自身がしゃがんでこども目線になり、
大人に話しかけるように真摯な姿勢で語りかけました。
「どうしてそういう態度を取るのか?」
「先生の言うことはしっかりと聞いて従わなくてはだめなんだ」
「君たちは年少組ではなくて年中組なのに恥ずかしいなあ」

そうやって1分も話していると、
2人のうち1人は泣きだしました。
もう1人の方も、ますます深刻な表情になっていきました。

最後に、
「ごめんなさい」と言わせ、
「もうしない」と約束させ、
解放してあげました。

解放した後も、
遠くから見てるぞ(見守っているぞ)というオーラをしばらく見せ続けました。

捕まえてひっぱたくのに比べたら、
圧倒的に時間もかかるし、
先生の根気も必要です。

かといって、
先生がこういう事態を無視して何もしなければ、
こどもたちは何も学ばないし、
規律順守ができないまま大きくなってしまいます。
挙句の果てに、問題行動がさらにエスカレートし、
結局は先生方の学校・学級運営にも差支えてきて、
先生自身の首を絞めることになるのです。
飼い犬に手をかまれることのないようにしなければなりません。


スワレ先生と年長組(プレスクール2年生)

b0124020_18071253.jpg



















タビタ先生と年中組(プレスクール1年生)

b0124020_18071201.jpg



















セリナ先生と年少組(ベイビーケア)

b0124020_17502064.jpg



















みんなのバッグ。
色とりどりでデザインも可愛いですが、
ケニアで売られているものの多くはすぐに壊れてしまいます。

b0124020_17502027.jpg



















外遊び(体育)の風景

b0124020_17501997.jpg



















キラキラを愛するこどもたち。
親や先生が、どうしてそんなこどもたちを愛せずにいられましょうか。

b0124020_17501958.jpg



















愛するからこそ、
厳しくしながらも、
根気強く育てていきたいですね。

b0124020_17501948.jpg



















相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2018-01-22 18:17 | 現地で 保育園

キラキラの新鋭たち

2018に入り、2度目の土曜補習教室。

今回は、参加が14人。
うち、初参加が5人!

b0124020_22554221.jpg



















私が主宰する土曜補習教室の噂をかぎつけて、
2年生のレイヤンくん(前列左から5人目)は、
ほぼ1週間毎日のように、
「僕も参加していい?」
「何時までに来たら良い?」
「何を持って来れば良い?」
などと、私を質問攻めにしていました。
そんなに好いてくれるからにゃ、
こっちも喜んで受け入れよう、
そんな気にさせてくれました。

2年生の成績優秀者ブランドンくん(前列左から3人目)とリンコンくん(前列左から6人目)は、
たった一度、私とレイヤンくんの会話を聞いて、
ぜひ僕たちも!と、課題の予習までしてやって来ました。
幼少なりに、自分で考え自分で決めて自分で行動する、
その自立心をさらに育ててやれたらいいなと思います。

2年生のモーガンくん(前列右端)は、
上の姉(長女)ルスさん、下の姉(次女)ニーナさんが、
土曜補習教室で有意義な成果を上げているのを見て、
自分で決めたのか、お母さんに背中を押されたのか、
今回初参加しました。
上の兄姉の成功の秘訣を、
だまされたつもりで試してみることも、
上手に生きていく手段ではないでしょうか。

1年生のサムエルくん(前列左から2人目)は、
やはりたった一度だけ、私とレイヤンくんとの会話を聞いて、
自ら心を決めてやって来ました。
蓋を開ければ、何と、2年生たちをしのぐ勢いで、
知識も努力も自立心も旺盛です。
この日、彼のパフォーマンスを受けて、
上級生たちと一緒に、何度も何度も拍手をしてほめたたえました。
彼は公立AIC小学校の1年生を終えてからのキラキラ1年生入学で、
年齢も上で、3年生たちと同じ年齢。
大人びた考え方をするのもうなづけました。
ぜひ土曜補習教室で大いに励まし、
補習でも学園でも、1年生の間に好調を維持できたら、
2年生を飛び越えて3年生に飛び級させてあげたいなと思いました。


下は1年生、上は5年生までが、一つの教室に集います。

b0124020_22554132.jpg



















鍵盤ハーモニカの練習です。

b0124020_22554141.jpg



















約150m(行きは下り、帰りは上り)を走らせます。

b0124020_23001817.jpg



















暑いので、水を飲まないといけません。

b0124020_22554195.jpg



















そんなこんなで、キラキラ学園2018年の2週目が終了。
新年度始業の繁忙期は、まだあと数週間は続きそうです。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2018-01-20 22:37 | 現地で 補習教室・他

3・4・5年生の風景

キラキラ学園ビリカ・キャンパス(3・4・5年生)で、
教職員の様子を監督したり、
児童たちの様子を眺めたり、
解放感のある雰囲気を味わったりしながら、
半日を過ごしました。


アレックス先生が、
児童一人一人の顔写真を撮っている様子です。

b0124020_21184941.jpg



















調理のネルソン先生夫婦のお子さんを、
5年生のフェイスさんが抱っこしています。
こういう交流や生活感が学校にあることで、
学校の児童たちも、職員のお子さんも、
お互いに刺激し合って愛を育み成長していけるのでしょう。

b0124020_21184902.jpg



















5年生の社会科(アレックス先生)

b0124020_21221831.jpg



















4年生の英語(ドロシー先生)

b0124020_21221844.jpg



















3年生の算数(パトリック先生)

b0124020_21221837.jpg



















休み時間に5年生男子とパトリック先生の小会合

b0124020_21185076.jpg



















屋根付きの屋外休憩所で女子たちの小会合(井戸端会議)

b0124020_21185002.jpg



















鉄棒に群がって肩甲骨のあたり(広背筋)を伸ばす子ら

b0124020_21184916.jpg



















天然のシーソー

b0124020_21185009.jpg



















給食の配膳を受け、
教室に向かっていく3年生たち

b0124020_21221807.jpg



















ちょっといかした田舎者の青年の真似をする3年生男子たち

b0124020_21185025.jpg



















女子だけで良い写真を撮るつもりが、
男子たちの乱入に遭って笑顔が崩れ気味

b0124020_21185045.jpg



















5年生の昼食風景

b0124020_21185059.jpg



















生きる=楽しい=頑張る
これがキラキラ学園で常習化できれば良いですね。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2018-01-20 21:39 | 現地で 小学校

バレーボール

今度は5年生の体育の時間です。
テーマはバレーボール。


まず男子が着替えて、外に出ます。
その後で女子が着替えます。

b0124020_19584172.jpg



















バレーボールのネット(フェンス用の金網で適当につくったもの)のある一角に、
みんなでぞろぞろと移動します。

b0124020_19584129.jpg



















バレーボールのコートを囲んで、
腕、手、指の準備体操です。

b0124020_19584101.jpg



















トス練習です。

b0124020_19584280.jpg



















コートに入り、
点が入る度のポジションの移動の仕方を学びます。

b0124020_19584210.jpg



















てんかん持ちのリネットさんに、
「暑くて疲れたら木陰で休みなよ」と耳打ちしておいたら、
しばらく経って自ら木陰に移動していました。

しかしまあ、アフリカの人たちは、
大人もこどもも炎天をものともしません。

b0124020_19584281.jpg



















相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2018-01-19 22:55 | 現地で 小学校