アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

机の製作を開始

2018年6月5日(火)、
キラキラ学園の机などの設備製作を開始しました。
要するに、建物の建設ではなく木工作業です。

今回は、3か月くらいかけて、
来たる小学校6・7・8年生用の机48台をつくり、
ますます増えていく教材のために本棚6台をつくり、
増えつつある教職員のために専用のテーブル2台をつくり、
幼稚園のために机ではなくテーブル6台と長椅子12台をつくり、
幼稚園で10年以上使っている机の修理をする、
という計画です。

私が板材などを計測して切る位置を描き、
棟梁ケンさんと助手のデリック先生がのこぎりで切っていきます。
切るといっても、のこぎりを傾けず、まっすぐ直線の通りに切るのは、
ちょっとした熟練が必要であり、
デリック先生には私もケンさんもつきっきりでアドバイスしながら進めます。
しかし、日を追うごとにだいぶ慣れて上達してきました。

仕事場はアンボセリロード・キャンパスに隣接する我が家の一角。
毎日お昼休みの時間には、
こどもたち(1・2年生)を呼んで、
手伝ってもらいます。
何を手伝えるのか?
板の上に乗っかって、
板が動かないように体重で支えてもらい、
のこぎりで切る作業を楽にしてもらうのです。


1日目は1年生女子4人。
ヒカリさんは、デリック先生が席を外したすきに、
「私もお手伝いする!」と言ってのこぎりを手に取り、
切るまねをしていました。
お昼休みが終わり、教室に戻ったこの4人は、
「大工仕事を手伝ってきたよ!」と、
鼻高々でクラスメートたちに自慢していたそうです。

b0124020_18250112.jpg



















2日目は2年生男子4人。

b0124020_18250297.jpg



















3日目は2年生女子4人。

b0124020_18250221.jpg



















4日目は1年生男子4人。
この頃になると、
みんな「僕も!僕も!」と来たがるので、
選人が難しくなってきます。

b0124020_18250212.jpg



















お休みの土曜日に、
1年生ヒカリさんは大工仕事に興味を示し、
お手伝いに来ました。
棟梁のケンさんが釘を半分打ってお膳立てをして、
あとの半分をヒカリさんが打ちつけます。

b0124020_18250271.jpg



















ケニアではこどもの写真をインターネットにアップするのが禁止になったという噂がありますが、
まあ、あくまで噂であることと、
小さいサイズやシチュエーションであれば良いかなと判断し、
今回は以上の画像を載せてみました。

こんな感じに、自分たちが学ぶ建物や設備をつくるのに参加しながら、
自校愛を深め、ますます学校生活をエンジョイしてもらいたいです。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2018-06-09 18:47 | 現地で 保育園+小学校