アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

3月末の教職員会議

3月29日(木)、
3月の業務終了日を迎え、
月例の教職員会議を持ちました。

キリスト教国では、
3月30日が聖金曜日、
4月2日がイースター月曜日という祝休日であり、
土日と併せて4連休になるのです。

だったら、そのイースター連休の直前に
1学期を終了させて一気に3週間の学期末休みに入った方が良いのですが、
ケニア政府が定めた日程によると、
イースター連休後も1週間は学校に通い、
それから学期終了となるのです。
政府の定めには従わなければなりません。

教職員会議では、
一人一人が1学期の間の成果と問題点とを発表したり、
ケニア教育改革の研修会に参加して来た3人の先生がその内容を報告したり、
内容盛りだくさんになりました。

私は、このケニア教育改革のことで、
①初めに問題点ありき
②だから今改革が必要である
③改革が目指す方向性
④この改革をキラキラにどう当てはめていくか
といったことを、
日本やフィンランドやパキスタンの教育現場を見て来た経験と、
キラキラを14年間主宰して来た経験から語りました。

ケニア教育改革だからと言って、
とくに特別な意識改革が必要なわけではないのです。
キラキラの教職員たちは、
常に先進的な「愛の教育」をするよう心がけて来ていたので、
それを持続し、
さらにそれに磨きをかける、ただそれだけです。

教職員会議を16時過ぎに始めて、
終わってみれば18時半。
薄暗い中、お給料を手にして、
めいめい帰宅の途に、
めいめいイースター休暇に向かっていきました。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2018-03-29 23:01 | 現地で 保育園+小学校