アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

7月13日、東岩槻幼稚園

地元さいたま市岩槻区にある東岩槻幼稚園を訪ねました。
2007にジャシンタを伴って訪問したところです。
私自身も、おいっことめいっこの授業参観で、
10年以上前に何度か訪れたことがあります。

園長のS先生と、昨今の幼稚園事情についてディスカッションです。
事件・事故へのハイレベルな予防と対策がますます求められるようになってきているとのこと。

そういえば、思い出します。
2年位前、日本のどこかの幼稚園か保育園で、
こどもを真夏の暑い中送迎バスの中に長時間放置して死なせてしまった事件。
葬儀の席で、若い男性の園長が、額を畳にこすり付けて謝意を表していました。
確かに、管理不行き届きですが、同じ、こどもを預かる者としては、他人ごとではありません。

キラキラでも、2008年暮れに起こったこども誘拐ばらばら殺人死体遺棄事件の後で、
朝夕の保護者による送り迎えを義務付けたり、
神経をとがらせています。

それでも、キラキラは営利の園ではなく支援型の園なので、
少々の事故は大目に見てもらっている面はあります。
また、キラキラに通うこどもたちの保護者の方々は、
こどもを放任しすぎて、無関心なことが問題だったりします。

しかし、キラキラは支援している、ということに甘えずに、
保育内容を疎かにせず、安全は第一優先に運営していくべきです。
親子ともに、安全に暮らせるよう、
保護者の皆さんの信頼を得てこどもを預かれるよう、
万全を期していきたいです。

東岩槻幼稚園から、縄跳びを40本ほど寄贈されました。
東岩槻幼稚園の園児さんたちが使用したものです。
ピンク、パープル、ブルーなど、カラフルな取っ手が付いて、
心も体も弾みそうだと思いました。
ちょうど、飛行機で持って帰る荷物におさまりました。

b0124020_1828128.jpg



上の画像は、早速キラキラ補習塾の小学生たちが、その縄跳びで遊んでいる風景です。
何回跳べるか競争したり、
駆け足跳びで校庭の端から端まで競走したり、
みんな、いろいろと楽しみ方を工夫しています。

キラキラ出身のこどもたちは、
ナマンガの公立小学校で、
学力と、礼儀と、自主性で抜きんでていると評判になっています。
さらに、体力でも、抜群になったら最高ですね。

また、物の寄贈については、いろいろな事情があり、ある程度制限させていただいています。
物の寄贈に関心のある方は、ぜひご一報ください。


相原功志 記
[PR]
by kjkirakira | 2010-08-18 18:36 | 日本で 活動報告