アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

学芸会(お遊戯会)

2018年6月14日(木)、
球技大会を11時に終え、
今度は同会場で学芸会(お遊戯会)です。

幼稚園児3グループ、1・2年生3グループ、3・4・5年生3グループが、
それぞれ先生方の指導を受けながら、
この日のために練習を重ねてきました。


年中組・年長組女子選抜グループによる、キクユの民族舞踊です。

b0124020_01423199.jpg



















1・2年生女子選抜グループによる、
カンバ語による詩の群読です。

b0124020_01423120.jpg



















5年生男子・女子による、
普通にスワヒリ語による詩の群読です。

b0124020_01280924.jpg



















保護者の皆さんと、こどもたちが一緒になって、
ステージでの発表に目を凝らします。

b0124020_01280952.jpg



















学園長ジャシンタ先生によるお話です。

b0124020_01280946.jpg



















昼食の時間です。
幼稚園児たちは校舎の周りに腰かけて食べます。

b0124020_01280906.jpg



















ところで、今後のことなどを考慮して、つい先日、
ビリカ・キャンパス内で3・4・5年生の教室の引越しを行い、
2017年建立の中国製仮設校舎にある4つの部屋を、
それぞれ職員室、3年生、4年生、5年生としました。
一つの校舎にまとまったことで、
普段の教室での授業の業間に、
先生方が遠く離れた教室どうしを速足で移動する必要がなくなりました。


こちらは新しい職員室です。
これからもっともっと机や本棚や本が増えていきます。

b0124020_01281013.jpg



















教室はこんな感じ。

b0124020_01281033.jpg



















各教室に、
日本の1年生書写の教科書のカラーコピーを貼ってあります。
これにより、ケニア全体でこれまで軽視されてきた
机に座ってものを書くときの姿勢を整えられるよう、
キラキラをあげて徹底的にキャンペーンを行っているところなのです。

b0124020_01281035.jpg




























さて、イベントを終え、
程よい疲労感と興奮を携え、
こどもたちも、教職員の皆さんも、
家路につきました。

翌日はイスラム教のお祭りで、
国民の休日、
そして週末。

しっかり休んで、
リフレッシュして、
来週を迎えましょう。


相原 記
[PR]
# by kjkirakira | 2018-06-14 22:59 | 現地で 保育園+小学校

大球技大会

2018年6月14日(木)、
キラキラのイベント、
球技大会+学芸会(お遊戯会)が、
ビリカ・キャンパスにて開催されました。

前々から6月15日開催を予定していたのですが、
イスラム教のラマダン(断食月)明けのお祭りと重なってしまい、
数日前に日程変更をしたのです。

何故前もって日程がわからなかったか?
イスラム教の行事や祝祭は、
月の満ち欠けを肉眼で観測して初めて決定されるものであり、
天文学的には6月16日だったはずのお祭りが、
ずれて15日になってしまった、というわけなのです。

このイベントの最高責任者はパトリック先生。
校長(教務主任)アレックス先生と協力しながら、
私(事務長)とジャシンタ先生(学園長)のアドバイスと確認を重ねながら、
きちんきちんと計画し、
当日もしっかりとスムーズにやり遂げてくれました。

普段は離れ離れの場所で学園生活を送る
幼稚園児100人、小学校1・2年生90人、3・4・5年生110人を一か所に集め、
保護者の中の希望者たちもビリカ・キャンパスに送迎するために、
朝に6回、午後に6回、スクール・バスが6㎞の道のりを往復しました。


さあ、これから球技大会!
初めての大きなグランドでサッカーをする1・2年生女子たちは、
まずポジションとフォーメーションを教わります。
FIFAワールドカップ初戦ロシア対サウジアラビアをほうふつとさせる緊張感とわくわく感。

b0124020_00440871.jpg



















幼稚園児たちは、男子の選抜チームと女子の選抜チームの対戦で、
フットサルのような小さなピッチでの勝負です。
ご覧の通り、みんなでボールに群がります。

b0124020_00440854.jpg



















3・4・5年生男子の選抜A対選抜Bの対戦前に、
円陣を組んでいます。
「おー!」という声が聞こえるかと思いきや、
どうやら勝利を祈っていたらしく、
「アーメン!」という声で円陣が締めくくられました。

b0124020_00440837.jpg



















ネットボールです。
ドリブルのない、パス主体のバスケットボールという感じ。

b0124020_00440804.jpg



















男子のネットボールはさすがにスピードと高さが違います。

b0124020_00440944.jpg



















私が選ぶ本日のベストゲームは、
3・4・5年生女子の選抜A対選抜Bのサッカーの試合でした。

b0124020_01014334.jpg



















男子ほどのスピード感がない分、
見ていて流れがわかりやすいです。

b0124020_00440903.jpg



















0対0で終え、最期はPK勝負になりました。

b0124020_00440950.jpg



















PKは一人一人、盛り上がります。

b0124020_00440949.jpg



















最後の一人がPKゴールを決めたことで、
身体全体で喜びを表現する女子たちです。

b0124020_00440974.jpg



















最後の試合が終わり、次に移ろうという前に、
余興で先生方のPK合戦を始めました。
しょっぱなの私は、キーパーのデリック先生に止められてしまいました。
児童たちも盛り上がって先生方に歓声を送っていました。
保護者の皆さんにも声かけし、
お母さん5人くらいがトライしていました。

b0124020_01095419.jpg



















相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2018-06-14 21:20 | 現地で 保育園+小学校

紙やすりで筋肉痛

机などの学校の備品づくりの木工作業を続けています。
一つ一つ作品ができあがりつつあるので、
1・2年生たちに来てもらって、
紙やすりで表面や角などをスムーズにする作業をやってもらいます。


幼稚園の職員室用の机2台を磨く、
1年生女子4人。
とくに、ヒカリさんとクラウディアさんが、
マシンガンのようにべらべらべらべらひっきりなしにしゃべりながら、
あっという間にお昼休みの時間が流れていきました。
紙やすりを持って腕を前後に動かし続け、
みんな筋肉痛に、腕も指も棒のようになったようです。

b0124020_23550738.jpg




























翌日は幼稚園用の長椅子12台。
2年生男子5人、2年生女子4人、1年生男子3人を呼んで、
大勢で腕を動かしました。

b0124020_23513855.jpg



















この日、場所がなかったので、
女子たちはベランダ(軒先)部分で、
男子たちはみんな前の道路に出て作業しました。
作業を終えて、一人一人が使った紙やすりをチェックしてみると、
力のある男の子の紙やすりはさすがに減りが早く、
力のない子たちのはほとんど新品同様のままでした。
出来栄えももちろん紙やすりの減り具合を反映したものになっていました。

b0124020_23513843.jpg



















棟梁のケンさんです。
幼稚園用の大きなテーブルをつくっています。
台の部分(板材)と脚の部分(金属)とをボルトで接合させるために、
ボルトを通す穴を開けます。
穴を大きな釘で開けると板材が破損してしまうので、
ご覧のような火おこしのような器具をその場でつくり、
釘を加工してつくった刃を回転させながら板材を削り、
上手に穴を開けていくのです。
人類が何千年と受け継いできたテクノロジーですね。
現代の世界では、ITのプログラミングなどが最先端の知識とされていますが、
このような人類何千年もの知恵に帰る姿勢こそがITなんかよりも必要なのではないかと考えます。

b0124020_23513818.jpg



















さて、紙やすりで表面や角を滑らかに仕上げた作品たちには、
後日塗装を施すことになります。

ヒカリさんとクラウディアさんは、
「今度はいつ?色を塗りに来るからね」
と言いながら、
ブラシを手に色を塗る真似をしてはしゃいでいました。


相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2018-06-13 23:49 | 現地で 小学校

机の製作を開始

2018年6月5日(火)、
キラキラ学園の机などの設備製作を開始しました。
要するに、建物の建設ではなく木工作業です。

今回は、3か月くらいかけて、
来たる小学校6・7・8年生用の机48台をつくり、
ますます増えていく教材のために本棚6台をつくり、
増えつつある教職員のために専用のテーブル2台をつくり、
幼稚園のために机ではなくテーブル6台と長椅子12台をつくり、
幼稚園で10年以上使っている机の修理をする、
という計画です。

私が板材などを計測して切る位置を描き、
棟梁ケンさんと助手のデリック先生がのこぎりで切っていきます。
切るといっても、のこぎりを傾けず、まっすぐ直線の通りに切るのは、
ちょっとした熟練が必要であり、
デリック先生には私もケンさんもつきっきりでアドバイスしながら進めます。
しかし、日を追うごとにだいぶ慣れて上達してきました。

仕事場はアンボセリロード・キャンパスに隣接する我が家の一角。
毎日お昼休みの時間には、
こどもたち(1・2年生)を呼んで、
手伝ってもらいます。
何を手伝えるのか?
板の上に乗っかって、
板が動かないように体重で支えてもらい、
のこぎりで切る作業を楽にしてもらうのです。


1日目は1年生女子4人。
ヒカリさんは、デリック先生が席を外したすきに、
「私もお手伝いする!」と言ってのこぎりを手に取り、
切るまねをしていました。
お昼休みが終わり、教室に戻ったこの4人は、
「大工仕事を手伝ってきたよ!」と、
鼻高々でクラスメートたちに自慢していたそうです。

b0124020_18250112.jpg



















2日目は2年生男子4人。

b0124020_18250297.jpg



















3日目は2年生女子4人。

b0124020_18250221.jpg



















4日目は1年生男子4人。
この頃になると、
みんな「僕も!僕も!」と来たがるので、
選人が難しくなってきます。

b0124020_18250212.jpg



















お休みの土曜日に、
1年生ヒカリさんは大工仕事に興味を示し、
お手伝いに来ました。
棟梁のケンさんが釘を半分打ってお膳立てをして、
あとの半分をヒカリさんが打ちつけます。

b0124020_18250271.jpg



















ケニアではこどもの写真をインターネットにアップするのが禁止になったという噂がありますが、
まあ、あくまで噂であることと、
小さいサイズやシチュエーションであれば良いかなと判断し、
今回は以上の画像を載せてみました。

こんな感じに、自分たちが学ぶ建物や設備をつくるのに参加しながら、
自校愛を深め、ますます学校生活をエンジョイしてもらいたいです。


相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2018-06-09 18:47 | 現地で 保育園+小学校

5・6月生まれお誕生会

2018年5月31日(木)
キラキラ幼稚園と小学校1年生合同の
5・6月生まれさんたちのお誕生会を開催しました。

小学1年生たちは、
アンボセリロード・キャンパスを出発し、
みんなでぞろぞろ道路を歩いて
幼稚園のあるオルコング・キャンパスに向かいます。


誕生月ごとに集まって大きな円をつくり、
歌ったり踊ったりして盛り上がります。

b0124020_15483908.jpg



















みんなで集まって腰かけます。

b0124020_15483947.jpg



















みんなでジュースを飲みます。

b0124020_15483943.jpg



















ところで、ケニアでは急速にスマートフォンやSNSが広まり、
インターネットが節度や良識を越えて大衆化しています。

それで、この度、
「インターネットにこどもの写真をアップするのを禁じる」
という政府の発表があったとかなかったとか…。
そういう噂が伝わってきました。

肖像権などを何も考えずに写真をSNSにアップしたり、
さらには、他所の知らないこどもの写真をアップして、
「この子のために寄付金をください」
などと呼びかける詐欺が流行っているようなのです。

こういう違法的な行為を取り締まるために、
いっさいがっさいを禁止!?
ケニアはやることが両極端で困ります…。

キラキラのブログでは、
こうしたケニアの状況を考慮して、
だいぶ前から掲載する画像を自粛したり厳選したりしてきましたが、
さらにこれを進める必要がありそうです。

というわけで、今回のお誕生会の画像は、
こどもたち全体の画像のみとさせていただきます。


相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2018-06-01 15:59 | 現地で 保育園+小学校