アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

キラキラの新鋭たち

2018に入り、2度目の土曜補習教室。

今回は、参加が14人。
うち、初参加が5人!

b0124020_22554221.jpg



















私が主宰する土曜補習教室の噂をかぎつけて、
2年生のレイヤンくん(前列左から5人目)は、
ほぼ1週間毎日のように、
「僕も参加していい?」
「何時までに来たら良い?」
「何を持って来れば良い?」
などと、私を質問攻めにしていました。
そんなに好いてくれるからにゃ、
こっちも喜んで受け入れよう、
そんな気にさせてくれました。

2年生の成績優秀者ブランドンくん(前列左から3人目)とリンコンくん(前列左から6人目)は、
たった一度、私とレイヤンくんの会話を聞いて、
ぜひ僕たちも!と、課題の予習までしてやって来ました。
幼少なりに、自分で考え自分で決めて自分で行動する、
その自立心をさらに育ててやれたらいいなと思います。

2年生のモーガンくん(前列右端)は、
上の姉(長女)ルスさん、下の姉(次女)ニーナさんが、
土曜補習教室で有意義な成果を上げているのを見て、
自分で決めたのか、お母さんに背中を押されたのか、
今回初参加しました。
上の兄姉の成功の秘訣を、
だまされたつもりで試してみることも、
上手に生きていく手段ではないでしょうか。

1年生のサムエルくん(前列左から2人目)は、
やはりたった一度だけ、私とレイヤンくんとの会話を聞いて、
自ら心を決めてやって来ました。
蓋を開ければ、何と、2年生たちをしのぐ勢いで、
知識も努力も自立心も旺盛です。
この日、彼のパフォーマンスを受けて、
上級生たちと一緒に、何度も何度も拍手をしてほめたたえました。
彼は公立AIC小学校の1年生を終えてからのキラキラ1年生入学で、
年齢も上で、3年生たちと同じ年齢。
大人びた考え方をするのもうなづけました。
ぜひ土曜補習教室で大いに励まし、
補習でも学園でも、1年生の間に好調を維持できたら、
2年生を飛び越えて3年生に飛び級させてあげたいなと思いました。


下は1年生、上は5年生までが、一つの教室に集います。

b0124020_22554132.jpg



















鍵盤ハーモニカの練習です。

b0124020_22554141.jpg



















約150m(行きは下り、帰りは上り)を走らせます。

b0124020_23001817.jpg



















暑いので、水を飲まないといけません。

b0124020_22554195.jpg



















そんなこんなで、キラキラ学園2018年の2週目が終了。
新年度始業の繁忙期は、まだあと数週間は続きそうです。


相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2018-01-20 22:37 | 現地で 補習教室・他

3・4・5年生の風景

キラキラ学園ビリカ・キャンパス(3・4・5年生)で、
教職員の様子を監督したり、
児童たちの様子を眺めたり、
解放感のある雰囲気を味わったりしながら、
半日を過ごしました。


アレックス先生が、
児童一人一人の顔写真を撮っている様子です。

b0124020_21184941.jpg



















調理のネルソン先生夫婦のお子さんを、
5年生のフェイスさんが抱っこしています。
こういう交流や生活感が学校にあることで、
学校の児童たちも、職員のお子さんも、
お互いに刺激し合って愛を育み成長していけるのでしょう。

b0124020_21184902.jpg



















5年生の社会科(アレックス先生)

b0124020_21221831.jpg



















4年生の英語(ドロシー先生)

b0124020_21221844.jpg



















3年生の算数(パトリック先生)

b0124020_21221837.jpg



















休み時間に5年生男子とパトリック先生の小会合

b0124020_21185076.jpg



















屋根付きの屋外休憩所で女子たちの小会合(井戸端会議)

b0124020_21185002.jpg



















鉄棒に群がって肩甲骨のあたり(広背筋)を伸ばす子ら

b0124020_21184916.jpg



















天然のシーソー

b0124020_21185009.jpg



















給食の配膳を受け、
教室に向かっていく3年生たち

b0124020_21221807.jpg



















ちょっといかした田舎者の青年の真似をする3年生男子たち

b0124020_21185025.jpg



















女子だけで良い写真を撮るつもりが、
男子たちの乱入に遭って笑顔が崩れ気味

b0124020_21185045.jpg



















5年生の昼食風景

b0124020_21185059.jpg



















生きる=楽しい=頑張る
これがキラキラ学園で常習化できれば良いですね。


相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2018-01-20 21:39 | 現地で 小学校

バレーボール

今度は5年生の体育の時間です。
テーマはバレーボール。


まず男子が着替えて、外に出ます。
その後で女子が着替えます。

b0124020_19584172.jpg



















バレーボールのネット(フェンス用の金網で適当につくったもの)のある一角に、
みんなでぞろぞろと移動します。

b0124020_19584129.jpg



















バレーボールのコートを囲んで、
腕、手、指の準備体操です。

b0124020_19584101.jpg



















トス練習です。

b0124020_19584280.jpg



















コートに入り、
点が入る度のポジションの移動の仕方を学びます。

b0124020_19584210.jpg



















てんかん持ちのリネットさんに、
「暑くて疲れたら木陰で休みなよ」と耳打ちしておいたら、
しばらく経って自ら木陰に移動していました。

しかしまあ、アフリカの人たちは、
大人もこどもも炎天をものともしません。

b0124020_19584281.jpg



















相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2018-01-19 22:55 | 現地で 小学校
日本のプロ野球選手だった木村昇吾さんが、
クリケットの選手に転身したという記事を、
興味深く読みました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180118-00000014-baseballo-base


クリケットは野球に似て、
ピッチャーとバッターがいるのですが、
バットは平板状で、ルールもいろいろ違います。

何と、クリケットは、
サッカーに次いで世界で二番目に競技人口が多いのですね!
旧英国領地域で人気を誇ります。

この記事を読んだその日、
キラキラ3年生のノゾミさんが、
「今日学校の体育の時間に野球みたいなのやったよ」
との報告がありました。

ここはケニアだから、クリケットかな?と思っていたら、
何と、「ラウンダー」というこれまた別物。

ルールが複雑なクリケットを、
学童でも気軽に楽しめるように単純化したもので、
「ラウンダー」自体の大会などはありません。

3年生たちは、体育の時間になると、
男子は教室で、女子はトイレと浴室の方に行って、
「着替え」をします。

制服の中に着ていた色とりどりのシャツを見るだけでも、
心が躍り、楽しくなります。

ラウンダー用のグランドは、
予め石灰で描かれていました。
先生だけだと大変なので、
こういう作業は運転手のジュリアス先生や調理のネルソン先生が手伝います。

ピッチャーが投げて、
バッターが平板上のバットを持って打ち返します。
打ったら走ります。
野手はボールを捕って、
ピッチャーにパスし、
ピッチャーがそのボールをピッチャーマウンドの地面にタッチします。
そのタッチの瞬間に、ランナーがベース付近の一定のエリア内に留まっていればセーフ、
塁間を走行中であればアウトになります。

クリケットではなく、
野球王国日本育ちの私にとっては、
女の子が野球をしているのを見るだけでも面白いと思うのに、
しかもそれがアフリカの小さな女の子たちですから、
余計に面白くて面白くて、終始笑顔で見物していました。

プレーしていた3年生たちも、
終始笑顔で面白そうに躍動していました。

野球を中心に考えて、
「クリケットは野球に似ている」と言ってしまう私ですが、
クリケットの競技人口が多いことを考えると、
「野球がクリケットに似ている」のでしょうね。
世界の中心がどこにあるかは、
観測する人それぞれに違うのです。

ケニアでは、学歴偏重社会が進み、
体育の授業がないがしろにされてきました。
しかし、キラキラでは初めから体育を重視して来ており、
昨今のケニア政府の教育改革でも体育などを重視するように方向転換をはかっています。

キラキラのビリカ・キャンパスの先生たちは、
私たちキラキラの方針、政府の方針をよく理解し、
充実した体育授業を展開してくれています。

この調子で、キラキラが目指す三本柱、
①楽しい学校生活
②自立(健全な心身の育成)
③個性と才能
を前進させていけたら幸いです。


ピッチャーは青いシャツの女の子(メリーさん)

b0124020_19335576.jpg



















打ったらとりあえず走ります。

b0124020_19335550.jpg



















「にばん、せかんど、きくちりょうすけ」などと言いながら、
ときどき野球ごっこで遊んでいたノゾミさんは、
バッターボックスでの構えもさまになっています。

b0124020_19413854.jpg



















他の子たちも悪くありません。
平板上のバットなので、当たる確率は高くなります。

b0124020_19335445.jpg



















ケニアは真夏なので、体育の授業も炎天下です。

b0124020_19335403.jpg



















炎天ですが、解放感たっぷりの雰囲気ですから、快適です。

b0124020_19335406.jpg



















体育があるから学校に来たくなる、
そういう子が増えれば万々歳です。

b0124020_19335470.jpg



















相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2018-01-19 21:28 | 現地で 小学校

頑張るスクールバス

キラキラ学園のスクールバスは、
前にも書いた通り、
ケニア政府が急ピッチで進める教育改革の一環として、
他の学校のスクールバス同様に、
黄色く染色されています。

b0124020_20530202.jpg



















これまでは「キラキラ小学校(プライマリースクール)」と書いていたのですが、
「キラキラ学園(アカデミー)」として学校法人化を果たしたために、
バスの名称記載も変えました。

b0124020_20530255.jpg



















バスでアンボセリロード・キャンパスからビリカ・キャンパスへ移動中。

b0124020_20530242.jpg



















新3年生は、スクールバスに乗るのが楽しみで、
毎朝毎夕「バスレク」状態で、
バスの中で歌ったり踊ったり(立ち上がりはしません)。

こちらの2人の新3年生は、
ちょっと多動気味(ハイパー)なので、
先生と一緒に座らせています。
この朝は私と一緒に最前列に腰かけて、
車窓風景を堪能できてご満悦な様子。

b0124020_20530187.jpg



















この道を、何度も何度も何度も何度も往復して来ました。
既に1000回往復を突破し、今年中には2000往復に近付くことでしょう。
(残念ながら、正確に数えてはいませんが)

b0124020_20530227.jpg



















相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2018-01-19 19:51 | 現地で 小学校