アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

民芸品2017③

現地キラキラで2017に仕入れた民芸品 その③


<木彫り色柄キリン>大中小

b0124020_20101778.jpg



























<木彫り色柄シマウマ>中小
黄色ではなく、白だったらもっと良いのですが。

b0124020_20101790.jpg



















<黒檀動物>大中小
木彫りですよ!木彫り。
粘土でもなければ金属でもありません。

b0124020_20101896.jpg



















黒檀のキリンとガゼル。
地震が起きると倒れるかもしれません。

b0124020_20101717.jpg



























黒檀のライオンとゾウ

b0124020_20101808.jpg



















黒檀のバッファローとサイ

b0124020_20101894.jpg



















サイがいちばん格好いいなと思いますが、
個体数は激減しているようです。

b0124020_20101836.jpg



















わざわざ買ったり使う必要のないものは、
買ったり使ったりしないようにしましょう。
(例:象牙、サイの角、他)

b0124020_20101875.jpg



















2年生たち、左より、
レビスくん、キモガくん、エンジェルさん、メリーさん、カレンさん、ノゾミさん

b0124020_20092752.jpg



















相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2017-07-21 20:23 | 日本で 民芸品販売

民芸品2017②

現地キラキラで2017に仕入れた民芸品 その②


牛追いの笛です。
キラキラでの通称は<マサイ笛>
放牧の少年が携帯していることがあります。

b0124020_20042556.jpg



















こんな感じで吹きます。
(左より、ブライアンくん、ブランドンくん、ともに1年生)

b0124020_20092734.jpg



















こんな感じ。

b0124020_20092761.jpg



















キーホルダーです。
左より、
<革キーホルダー>
<ビーズキーホルダー>
<牛角キーホルダー>または<くつべらキーホルダー>
<牛骨動物キーホルダー>

b0124020_20042532.jpg



















牛骨を加工してつくった<牛骨ブレスレット>です。
ゴムが伸び縮みします。

b0124020_20042547.jpg



















ビーズと針金細工各種です。
<ビーズ皿>の大きいサイズと小さいサイズ
<ビーズ小動物>には、トカゲ、カエル、トンボ、テントウムシ、ダチョウなどがあります。

b0124020_20042551.jpg



















商品名「マサイ・シュカ」ですが、キラキラでの通称は<マサイ・ブランケット>。
ご覧のように防寒などの目的で身に着けます。
(左より、キモガくん、レビスくん、ともに2年生)

b0124020_20042670.jpg



















そのサイズはご覧の通り。
ベッドや布団が覆えるくらい大きいです。

b0124020_20042664.jpg



















東アフリカの女性に好まれ使用される布地、<カンガ>です。
布のままでご覧のように身に着けたり、
加工して衣服にしたりすることもできます。
(左より、エンジェルさん、ノゾミさん、メリーさん、カレンさん、みな2年生)

b0124020_20042441.jpg



















サイズはこんな感じ。
現地で買うと、2枚組になっており、
これらで上半身と下半身を覆ったり、
頭と体全体を覆ったり、
姉妹や母娘でお揃いにしたりできるのです。
スワヒリ語のことわざや名言がプリントされているものと、されていないものとがあります。

b0124020_20042401.jpg



















相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2017-07-21 20:02 | 日本で 民芸品販売

民芸品2017①

現地キラキラで2017に仕入れた民芸品 その①

これらは主に2018以降に日本で販売させていただくことになります。


牛骨を加工してつくった、
キリン型、ゾウ型、十字架型、角型などのパーツをポイントに、
主に黒いビーズでつくった<牛骨ネックレス>です。

b0124020_19444598.jpg



















ビーズでつくった
太陽の形のパーツをポイントに、
色とりどりのビーズでつくった<太陽ネックレス>です。

b0124020_19444538.jpg



















牛の角を加工してつくった
ハート形や円形のパーツをポイントに、
ビーズで多重に織り込んだ<牛角ネックレス>です。

b0124020_19444525.jpg



















ビーズを多重に織り込んだ<多重ネックレス>です。
石やプラスチックで加工してつくったパーツがあるものとないものとがあります。

b0124020_19444431.jpg



















ヘマタイト(酸化鉄の鉱石)製のビーズでつくった<ヘマタイト・ネックレス>です。
ポイントになるパーツがあるものとないものとがあります。
重厚でやや高価なものと、軽くてやや安価なものとがあります。

b0124020_19444666.jpg



















ゴム製の輪の周りにビーズを施してつくった<首輪>です。

b0124020_19444505.jpg



















こちらも首輪ですが、このタイプは<マシンバイ>といいます。
ビーズだけのもの、貝殻も織り込んだもの、
裏側が革製のもの、プラスチック制のもの、そのままビーズむき出しのものなどあります。

b0124020_19444504.jpg



















ブレスレットです。

左の2つは現地の言葉(マサイ語)でゴイピラ、
ゴム製の輪の周りにビーズを織り込み、
ぐいぐいっと手首にはめこむもので、
キラキラでの通称は<円形ブレスレット>。

右の2つは現地の言葉(マサイ語、スワヒリ語)でバンギリ、
針金にビーズを織り込んでいき、
装着は針金のフックで行うもので、
キラキラでの通称は<針金ブレスレット>。

b0124020_19444449.jpg



















モデルは2年生たち。
左より、
キモガくん、レビスくん、エンジェルさん、
メリーさん、カレンさん、ノゾミさん。

b0124020_19475921.jpg



















相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2017-07-21 19:43 | 日本で 民芸品販売

カメラマン育成 その三

カメラを今度は保育園のスワレ先生に渡し、
いろいろな写真を撮ってもらっています。

キラキラでは、
小学校の児童数や勢いが増すにつれて、
保育園が脚光を浴びる機会が薄れつつありますが、
それでも、キラキラは、いや、少なくとも私は、
保育園重視、保育園を第一優先、保育園ありき、の姿勢を貫いていきたいな、
と感じさせられます。

人間がいちばんきれいで、
人間がいちばん魅力的なのは、
心身ともにこの年代(3歳~6歳)ではないでしょうか?


年少時代の級友が、
そのまま一生涯の友人になることもある、
ケニアの田舎町ナマンガです。

b0124020_11302046.jpg



















お友達どうしでも、
ママやパパにも、
べったりくっつくのが大好きなこの年代。

b0124020_11302177.jpg



















左、年長、中、年中、右、年少

b0124020_11302050.jpg



















アクティブ・ラーニング!

b0124020_11302023.jpg



















アクティブ・ランニング!

b0124020_11302017.jpg



















100人の園児が、ぎゅっとコンパクトに。
先生方は、左から、
ジョイス先生、ユーニス先生、アン先生、タビタ先生。
スワレ先生による集合写真の撮影は、
何故か斜めからになります。

b0124020_11301916.jpg



















相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2017-07-20 11:29 | 現地で 保育園

泥棒が泥棒を育てる

アンボセリロード・キャンパスの一角に井戸を掘り、
そこに貯水槽を設置すると同時に、
井戸の管理者、農作業従事者が住むことになる家もついでにつくっています。

その家では、当座の間、
電気の配線が盗まれたりしないようにと、
守衛を雇っています。

先日の真夜中、
どこからか人がやって来て、
その家のドアを開けようとしたそうです。

幸い、ドアは外から勝手に開けられないようになっており、
その者はすぐにあきらめて出て行ったとのこと。

守衛の人は、息を殺して、
小さな窓から外を見て、
成り行きを見守っていたとのこと。

その者は、門を乗り越えて私たちの敷地の外に出て、
ちょうど道路をはさんで真向かいにあるご近所さんのところに向かったとのこと。

このご近所さんは、
私たちと共有する道路まで建築を進めて、
ご近所迷惑なあの悪い輩です。
つまり、道路という共有スペースを我がものとする、
泥棒に他なりません。

このご近所さんは、
まだまだ建設途中なので、
夜間は誰もいません。

しかし、その建設途中の家には鍵がかけられ、
その中にはいろいろな建材などが置かれているのです。

その者は、その悪いご近所さんの家のドアを開け(こじ開け?)、
家の中に置いてあった建材(鉄筋?)を持ち出していった、とのこと。
真夜中という時間帯的に、明らかに泥棒です。

鍵を持っている人物か、
鍵の隠し場所、鍵のこじ開け方を知っている人物なのでしょう。
そして、この家の中に入れば、
建材がたくさんあるということを知っている人物、
つまり、建設職人または関係者だと考えられます。

ご近所さん本人が悪い奴ならば、
自ずとその下で働く建設職人たちも悪い奴らである傾向になります。

良い職人ならば、
「ここは道路だから何も建てるべきではないですよ」
と言って、家主を説得し、
それでも家主が受け入れない場合は、
「すみません。私はこの仕事はお引き受けできません」
と言って退散するでしょう。

しかし、悪い職人たちは、
給料さえもらえればどんな仕事でもするのです。
さらに、外部から、「道路だから建設を中止するように」という忠告や勧告を受けても、
無視するか、むしろそういう忠告をする善良なご近所さんたちを罵倒するか、なのです。

しかも、この悪いご近所さんは、
金に糸目はつけないほどの金持ち、そして、相当におばかな人物のようで、
建設職人たちの給料や契約金も弾んでいるに違いありません。

さらに、この悪いご近所さんは、
建設の現場監督をせずに、
職人たちにほぼ100%任せっきりなのです。
ということは、職人たちは盗み放題なのです。

この悪いご近所さんのお金で買った建材を、
他の人の建設のために流用したり、
売ってお金に換えたり、
建材をごまかして、安くもろい建材で建てたり、
適当に建てて、雨漏りしようが崩れようがおかまいなしだったり。

私も、人を懐疑のまなざしで見るのは心苦しいのですが、
このご近所の職人たちの中に泥棒がいると感じて常に警戒していました。
そして、案の定、泥棒がいたというわけです。
それも、くずで頭の悪い泥棒が。

ただ、泥棒を養成するのは社会の上に立つ人間たちでもあります。
家主がしっかりとした人なら、
下で働く人たちも、泥棒を働こうという意気が下がるものです。

キラキラも同様で、
私やジャシンタが金銭管理をしっかりしているからこそ、
教職員の皆さんにも、金銭管理をしっかりするべきという信念が育まれ、
横領などをしでかす輩は短期間で淘汰(何らかの理由で辞職)されているのです。

キラキラの常連の建設職人たちも、
不注意で物がなくなることはあっても、
盗みはほとんどありません。
みんな、私たちの時間管理、金銭管理、物品管理の姿勢に
心地良さを感じながら働いてくれているのです。

ちょっと盗んで、
後でそのとばっちりを受けて、
後悔してばかりの人が多いケニア。

足元に転がっているきれいな石を拾い集めるのに夢中で、
足元の地面の奥底に眠っている金塊やダイアモンドは眼中にないのです。

かつて、アフリカには、
基本的に貧しいところであり、
資金援助が必要な地域だという杓子定規の認識がありました。
しかし、支援が必要なのは、金銭的な貧しさ以外のところにあるようですね。

キラキラの活動を通して、
学業に秀でていなくても良いから、
正直で、クリーンな若者たちを多数輩出していきたいものです。


相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2017-07-19 23:59 | 現地で 小学校