アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2015年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

保育園と小学校の年度が一段落し、
あとは諸々の事務整理と事務準備。

今日はその事務仕事の前に、
小学校本校舎建設地へ。

到着するや否や、
守衛のザドックさんから申し出が。

今日からケニアを来訪するローマ法王の記念として、
バナナの木を3本植樹したい。
それで、1人1本ずつ植える真似でいいからして欲しい、と。

つまり、
私が1本、
オートバイの運転手のカマウさんが1本、
もう一人の守衛のスワレさんが一本。

ご覧の通り、
カマウさんが植えて、
ザドックさんが土をかぶせます。

b0124020_21372619.jpg















小さいものも、

b0124020_21372608.jpg















初めから少し大きめのものも、

b0124020_21372662.jpg















どんどん大きくなって、
「これは法王のバナナだ」と言いながら頬張る日が来ることでしょう。

新約聖書・第一コリント3章6節
「わたしは植え、アポロは水を注いだ。しかし、成長させてくださったのは神です。」

相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-11-25 21:49 | 現地で 小学校

2015年11月24日(火)は、
キラキラ小学校入学受付の2日目、
キラキラ保育園以外の保育園出身者が対象です。

何と、朝6時ちょうどに小学校に出てみると、
既に12組くらいの親子が静かに腰を下ろして待っていました。

結局、既定の8時までに、
ジャシンタ先生による第一チェックを受けたのは25人。

評価の目的の入学試験を行います。
案の定、キラキラ保育園出身者に比べて、
苦戦する子がほとんどです。

自分の名前も書けない、
アルファベットのうち5文字も知らない、
そんな子もちらほら。

緊張と恐怖で泣いてしまう子も。

時と場所と状況がわからず、
あちこち飛んだり跳ねたり、
何もかも触ってみたりする子も。

試験の様子はこんな感じ。
先生方は、左より、
ポウリーン先生、ドロシー先生、アレックス先生。

b0124020_01225134.jpg















こちら、特別支援児童のエマニュエルくん。
キラキラ小学校2年生に在籍していましたが、
年齢(既に17歳)を考慮して、
近くの私立オソトゥア小学校に転校させ、
一気に4年生に飛び級させてもらったのです。
来年は5年生になります。
この日は年度末ということで、
支援者であるキラキラへの感謝のあいさつに訪れたのです。

b0124020_01213742.jpg















この日、
エマニュエルの姪っ子にあたる2人が入学受付を済ませました。
既に2人の姪っ子がキラキラに在籍しているので、
これで4人となります。

ADHDの子も2人入学。
私自身がまず、
ADHD(注意欠陥多動障害)やLD(学習障害)のことを、
もっともっと勉強して、
先生方に指導できるようになるといいなと思います。

この日、
第一チェックを経た25人全員の入学が確定。
1年前の2日目は14人、
2年前は17人でしたから、
キラキラ保育園以外からの入学が増えたことになります。

この理由として、
キラキラがスクールバスを入手し、
建設も進行していることで、
沿線の住民を中心に、
キラキラの知名度も高まり、
信頼度も高まったことがあります。

また、やや停滞気味の保育園に比べ、
小学校部門の奮闘が、
そろそろ地域の人たちの目に留まるようになってきたこともあるでしょう。

それから、
相次ぐ公立小学校の教職員のストライキによる学級閉鎖が、
児童生徒の公立離れを加速していることもあります。

そのうえ、
数年前に開校したあの私立のライバル校=マンモス校が、
学費も高くて教育のレベルも低く、
大いに期待外れだったということもあり、
どんどん転出が続いているとか。

さらに、ケニアの経済成長が行き詰ってきており、
バブル崩壊寸前のような気配が漂い、
多くの人が金欠と物価高騰でストレスをためており、
普通の私立学校に通っていた子たちが学費を払えなくなってきたということもあるでしょう。

このまま行くと、
来年、再来年と、
キラキラ小学校の入学希望者が加速度的に増えるかもしれません。
キラキラ保育園の入園希望者が加速度的に増えて、
真夜中から行列ができていたかのように。

さて、この日の入学受付は13時前に終了。

引き続き、
小学校の先生方一人一人に給料を渡し、
来年の雇用を約束しながら、
一人一人に励ましと期待の言葉をかけます。

そして、先生方と、
ソーダで乾杯!

来年1月4日(月)9時に、
新学期準備のために会おうと言ってお別れしました。

ドロシー先生は12月に出産予定です。
代わりに、
今年の1月から4月に雇用されていたレジナ先生を再雇用する予定です。
ドロシー先生も、
まずは無事に産み育て、
落ち着いたころにキラキラに戻ってもらいたいと思っています。

とにかく、それぞれの12月休暇を満喫してもらい、
リフレッシュして1月のキラキラ再始動に臨んでもらいましょう。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-11-24 23:19 | 現地で 小学校
2015年11月23日(月)、
キラキラ小学校2016年度(1月開始)入学希望児童の受付の1日目。

1日目はキラキラ保育園出身者が対象です。

朝8時までにジャシンタ先生による第一チェックを終えていれば良いので、
7時半くらいに来れば良いのに、
朝6時くらいには既に校門の外に数人出現していました。

予定していた該当者31人のうち、
29人が無事に第一チェックを済ませました。

この29人の、
こどもたちには評価という名目の入学試験を受けてもらい、
保護者たちには同意書の記入をしてもらいます。

続いて、保護者たちを教室に集めて、
学校の校則などの説明を受けてもらいます。

b0124020_00354312.jpg















その間、校庭にいるこどもたちには、
学期終了時に残った飴玉やビスケットを配って、
早起きしてお腹が空いたタイミングで腹の足しにしてもらいます。

そして、
1番から29番までの番号札順に、
私が個人情報と同意書の確認をして、
ポウリーン先生が領収書と準備事項を手渡し、
順番に終了となります。

今回の第一番はノゾミ・ワンジル・アイハラさん。
お兄ちゃん(ジャシンタが昔から自分の子として養育している少年)に引率されて、
こうやって私による書類などの確認を受けます。

b0124020_00201468.jpg















こんな感じです。
ほとんどがお母さんで、たまにお父さんもいますが、
お兄ちゃんやお姉ちゃん引率の子もちらほらいます。

b0124020_00201437.jpg















ちょっと私ごとですが、
ケニア人であるノゾミ・ワンジル・アイハラさんは、
同時に日本人の相原望さんでもあります。
来年3月頃には、
日本大使館より、
日本の1年生が使う教科書一式を支給されることになっています。
来年春の一時帰国時には、
ランドセルでも買ってあげて、
ケニアに持ち帰って使ってみましょうか。

そんなこんなで、
次から次へと確認作業をこなし、
12時前には29番まで全員終了。

明日は2日目。
キラキラ保育園以外出身のこどもたちが対象です。
どうなるか、楽しみでもあり、不安でもあり。

キラキラが、
どういう方向にこれから向かっていくのか、
楽しみでもあり、不安でもあり。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-11-23 23:19 | 現地で 小学校

補習教室も年度終了

2015年11月21日、
土曜補習教室の2015年度も今日で終了。

2008年に現在の形でスタートしたこの教室は、
もう8年にもなるのです!

この8年間の出席数を数えると、

1位、デビッド・ジョゴーくん(2001年生まれ・7年生)221回
2位、アビガイル・セネイヨさん(2001年生まれ・6年生)154回
3位、コリンス・ンジョロゲくん(2000年生まれ・セコンダリー1年生)135回
4位、エリザベス・ナイシモイさん(2001年生まれ・6年生)135回
5位、リツパ・カレチェさん(2002年生まれ・5年生)129回
6位、ピーター・キテカくん(2003年生まれ・5年生)120回
7位、マグダレン・ムティケさん(2004年生まれ・4年生)114回
8位、エマニュエル・マンデラくん(2002年生まれ・6年生)114回
9位、ダニエル・マヤニくん(2000年生まれ・タンザニアのセコンダリー2年生)112回
10位、ジョビアル・イノセントくん(1999年生まれ・セコンダリー1年生)91回

というわけで、
ジョゴーくんが断トツなのです。

これらトップ10のうち、
現在もコンスタントに来ているのはジョゴーくんのみ。
現在のメンバーたちは、
来年、再来年に、トップ10入り、トップ20入りして来そうです。


今日はお勉強なしで、
いきなり折り紙からスタート。

b0124020_22313536.jpg















例の首飾りや、
思い思いの飾り物をつくります。

b0124020_22313515.jpg















男子たち。
中央がジョゴーくん。

b0124020_22335448.jpg















女子たち。

b0124020_22322379.jpg















掃除を終えて、食事の配膳を待つ間、
みんなで屋外会議風に腰かけます。

b0124020_22335492.jpg















学期末恒例の乾杯です。

b0124020_22335450.jpg















みんな色のついたソーダが大好きです。
(毎日飲むと体に悪そうですが、時々なので良しとしましょう)

b0124020_22335590.jpg















みんなでぐるっと散策に出かけます。

b0124020_22335510.jpg















保育園の近くにある、
堂々とした咲きっぷりのジャカランダ。

b0124020_22335581.jpg















来年も、土曜補習教室が、
普通に続けられますように。

b0124020_22335443.jpg
















相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-11-21 22:29 | 現地で 補習教室・他

年度終了日②

2015年11月20日(金)の、
年度終了日の続きです。

園児100人と小学校1・2年生100人が集まると、
ご覧の通りの大所帯になります。

b0124020_03524304.jpg















何と、みんなに配った飴玉は、
笛にもなるのでした。
ピーピーピーと大合奏になりました。

b0124020_03524341.jpg















例の、求婚する男子とそれを軽くあしらう女子とのやり取りの群読です。

b0124020_03524320.jpg















何回見ても飽きないです。

b0124020_03524373.jpg















その本番です。
午後3時のPTA会合にやって来た保護者の皆さんを前に、
婚活劇を演じるのです。

b0124020_03524353.jpg















3時の小学校部門、
4時15分の保育園部門のPTA会合を経て、
夕方には個別にいろいろなケースを取り扱い、
6時には全て終了してお開きとなりました。

正直、想像を絶する幾多の難局を潜り抜け、
その過程で失ったものも多く、
やり切った!という満足感に乏しい年度末になってしまいましたが、
新約聖書マタイ5章6節
「義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる。」
これからどんどん満たされるのだと信じます。

年度終了とはいえ、
まだまだ大仕事は続きます。
小学校の入学受付、
事務整理、
来年度の書類準備、
机の組立、
来年度の教職員の雇用、
他。

本当に、本当に、
満たされますように。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-11-20 23:48 | 現地で 保育園+小学校

年度終了日①

本日2015年11月20日は、
キラキラ保育園と小学校の、
合同の年度終了日。

保育園児たちが大挙して小学校仮校舎にやって来ます。
そして、まずは11月・12月のお誕生会。


こちらは11月生まれさんたち。
前列が保育園児、後列が小学生。
私も11月ですが、
何となく私に似ているような似ていないような。

b0124020_03143562.jpg















こちらは12月生まれさんたち。
前列と中列が保育園児、後列が小学生。
日本でいうと3月生まれさんたちのように、
年度の最後の生まれなので、
保育園の年少組レベルだと、
だいぶ幼くて発達も遅れがちだった子たちですが、
年長組レベルになると、
1月生まれさんたちと一緒にいても、
ほぼ遜色なくなります。

b0124020_03143569.jpg















こちらは年少組の成績優秀者。

b0124020_03143646.jpg















年中組の成績優秀者。
2人ともベロニカという名前。

b0124020_03143647.jpg















こちらは年長組の成績優秀者。

b0124020_03143642.jpg















1年生の成績優秀者。
左のサイヤントさんと、
左から2番目のアモスくんは、
本来なら2年生の年齢であり、
1年生の1年間ずっと好成績を維持できていたこともあり、
来年は2年生を飛び越して3年生に飛び級させる予定です。

b0124020_03143635.jpg















2年生の成績優秀者。
そろそろトップ5くらいは固定されてきました。

b0124020_03143539.jpg















3学期の間、無欠席だった保育園児たち。

b0124020_03143637.jpg















3学期の間、無欠席だった1年生たち。

b0124020_03143640.jpg















3学期の間、無欠席だった2年生たち。

b0124020_03143630.jpg















そして、2015年の1年間を通して無欠席だった9人には、
日本のSさん(カニニさん)を通して寄贈されたTシャツをプレゼントします。
後列右から、
サムエルくん(2年生)
エバリンさん(2年生)
フェイスさん(2年生)
ジョシュアくん(2年生)
ナイシパイさん(2年生)
前列右から、
キパトンくん(1年生)
サムエルくん(1年生)
イザヤくん(1年生)
ピースくん(年長組)
保育園児でこの快挙を成し遂げたのは、
残念ながらこのピースくんのみとなりました。

b0124020_03194561.jpg















そして、学費納入最優秀者たちにもTシャツの寄贈です。
1年分の学費を、1月の新年度始業の前に全納した4人です。
右から、
エバリンさん(2年生)
ヘドリックくん(1年生)
ノゾミさん(年長組)
ヒカリさん(年少組)

b0124020_03220507.jpg















この日は盛りだくさん。
まだまだ続きます。

相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-11-20 22:12 | 現地で 保育園+小学校

年度終了に備えて

ケニアは年度末。
一部の私立学校は既に終了して休暇に入っていますが、
ほとんどの公立と一部の私立は、
明日11月20日をもって、
今年度終了となります。

キラキラも、明日の年度終了を控えて、
いろいろと準備に励んでいます。


手前が女子、向こうが男子。
茨城県鹿嶋市で毎年7月に開催されるチャリティーサッカー大会で、
キラキラに寄贈されたユニフォームを着てさまになっています。

b0124020_00484997.jpg















男子と女子がかけあいで、
歌でもない踊りでもない、
「詩の群読」というジャンルのエンターテインメントです。
男子がひざまずいて女子に求婚するという内容。

b0124020_00484929.jpg















押してだめなら引いてみるの世界です。

b0124020_00484911.jpg















続いて、折り紙で首飾りの作成です。
翌日のPTA総会のために、
早々と2教室のついたてを取っ払って、
大きなホールとして、
1年生と2年生がごちゃまぜに腰かけて作業します。

b0124020_00485048.jpg















何度もこの作業をやって、
慣れている2年生たちが、
同じ机を囲む1年生たちに教えながら和気あいあいと行います。

b0124020_00485022.jpg















1年生と2年生と先生方です。

b0124020_00485019.jpg















みんな嬉しそう。
こどもたちはもちろんですが、
先生方も楽しそうにしていると、
私もなおさら嬉しくなります。

b0124020_00485049.jpg















みんなで歌を歌います。
折り紙のネックレスを付けると、
何故かマサイ調の歌ばかりになります。

b0124020_00485029.jpg















みんな、跳ねて飛んで大興奮です。

b0124020_00485051.jpg















心躍る学園生活。
通学するのが楽しくてつい早起きしてしまう。
そんなキラキラを目指し、
これからも創意工夫してまいりたいと思います。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-11-19 23:41 | 現地で 小学校

ビーズなどの仕入れ会

ケニアはエルニーニョの大雨が降り続いています。
ナマンガも、ようやく本格的な大雨になってきました。

そんな中、本日の夕方は小学校仮校舎にて、
保育園児と小学生の保護者のうち、
マサイビーズなどで学費を払う方々に集まっていただき、
仕入れ会を行いました。

今回は、
来年の1学期(1月~4月)の学費を払ってもらうのがねらいです。


マサイビーズのアクセサリーたちです。

b0124020_04225682.jpg















ビンリーくんとミリアムさんの兄妹のご両親からは、
木彫りの動物たちを購入します。

b0124020_04225555.jpg















こちらはノゾミさん(年長組)

b0124020_04225674.jpg















今年度は今週20日で終了。
それに向けて、ラストスパートの繁忙期が続きます。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-11-17 23:22 | 現地で 保育園+小学校

補習教室が開ける幸い

今年は遠隔地での建設作業があり、
土曜補習教室を何度も何度も休講してしまいました。

それでも、2008年末に今の形にして以来、
こうしてしっかりと継続し、
状況が良くても悪くても、
開講が許されているということは、
感謝に他なりません。

私にとって、現在唯一の、
コンスタントに特定のこどもの発達を追えるチャンスですし、
キラキラにとっても、
将来のキラキラ支持者、貢献者、スタッフを養成できるチャンスです。

とはいえ、毎年11月の繁忙期とあり、
この土曜とその前後にも何やらいろいろあって、
補習教室はその時その場を乗り切るので精いっぱいの状態です。

しかし、本日は、
横浜のマヨスク・イングリッシュスクールのこどもたちとの
文通事業のためにささげることができました。


みんなでいろいろ書いています。

b0124020_00342852.jpg















だいたいこんなふうに書くようにと、
黒板に見本を示します。

b0124020_00281746.jpg















みんなで折り紙を切っています。

b0124020_00353606.jpg















みんなで作品を手に取って木陰に立ちます。

b0124020_00281755.jpg















前列右から3番目の、
フードを被った女の子、1年生のミリアムさん。
今日は熱が上がって、ぐったり。
職員室にある解熱鎮痛薬を飲んで、
とりあえず14時の解散までいてくれました。
お大事に。

来週の土曜が今年度最後の補習教室になる予定。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-11-14 23:22 | 現地で 補習教室・他

3年生への転入

翌2016年、キラキラ小学校の
新3年生は約53人、
新2年生は約45人、
新1年生は約55人?の予定。

理想ならば、
各学年(各クラス)45人以内でやっていきたいのですが、
当面は無理に人数を絞り込まず、
その代わりに教員の数を増やして対処しています。

というわけで、子だくさんのキラキラ、
2年生への転入、3年生への転入希望者も後を絶たず、
その度に、
「ごめんなさい。こどもの数が多いので、転入は受け入れていないのです」
とお断りしてきました。

しかし、この度、例外として、
キラキラ小学校本校舎のあるビリカ地区在住の、
スクールバスでの送迎を必要としないこども限定で、
新3年生への転入を許可することにしました。

その第一号が、やって来ました。
フェイスさんという女の子。

今日、お父さんに連れられて、
ナマンガの街にあるキラキラ小学校仮校舎にやって来て、
2年生の年度末試験を受けています。
3年生になる前に、
現時点での成績を評価するのが狙いです。

そして、お父さんには、
キラキラ小学校の校則などを説明し、
同意を得たうえで、
フェイスさんとその家族の情報を収集し、
入学金500シリングを回収し、
正式にキラキラへの転入を確定させました。

フェイスさんは、
同じビリカ地区にあるロッキーヒルズという小学校で2年間学び、
学費も高くて大変だし、成績も伸び悩んでいたので、
この度ビリカ地区に新設されるキラキラ3年生部門への転入を決めたのです。

キラキラ小学校本校舎の敷地の隣接地で、
ナマンガからナイロビに向かう幹線道路を夕刻に眺めていると、
フェイスさんがロッキーヒルズから自宅へてくてく歩いて帰宅する様子が何度も見られました。

キラキラ新3年生となるフェイスさんは、
この幹線道路を渡って、

b0124020_14565068.jpg















この坂を上り、
(画像は年少組のヒカリさん)

b0124020_14585196.jpg















毎日約600mの道のりを歩いて登校してくることになります。

本日いただいた入学金の500シリングは
キラキラ小学校本校舎運営部門の会計としては、
記念すべき初めての記帳事項です。

キラキラ保育園も小学校も、
今年度は残すところあと1週間。
この時期になっていまだに大問題を抱えておりますが、
何とか有終の美を飾れるように、
ただただ祈るばかりです。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-11-13 15:17 | 現地で 小学校