アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira

<   2015年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

敷地の端から端まで

昨日の続きで、
昨日掘った188の穴に、
フェンスの杭を立てていく作業。

小学校本校舎建設現場にある倉庫から、
隣接地の下端までの距離はざっと400mのやや急峻な坂道。
物を取りに行くだけで大変です。

私以外に男11人での作業でしたが、
敷地の端にいる物とのコミュニケーションは携帯電話です。
携帯電話のおかげで、無駄な行ったり来たりがなくなり、
スムーズに事が運びます。


連日重いものを運んで、
疲れ果てて車が外れてしまった一輪車です。

b0124020_01545629.jpg















幹線道路側の作業風景です。

b0124020_01545633.jpg















それに並行する山側の作業です。

b0124020_01545692.jpg















相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-05-31 23:54 | 現地で 小学校

隣接地の整備を開始

キラキラ小学校本校舎の敷地は8エーカー(3.2ヘクタール)で、
ナイロビ~ナマンガの幹線道路から300mほど山側に上って行ったところにあります。

それに隣接し、幹線道路に面している私たちの9エーカー(3.6ヘクタール)の土地で、
整備を本格的に開始しました。

小学校が平和に安定して建設・運営されていくためにも、
その隣接地の状況を安定させることは重要です。

男8人がかりで、
敷地の一部をぐるっと囲むフェンスのための、
杭の穴を掘りました。

杭の穴は全部で188個!
岩地でもあり、穴の箇所によっては、
穴を掘るというよりも金槌とのみで岩を穿つ作業になりました。

その傍ら、
棟梁のムワンジアさんと男4人が、
守衛の小さな家をせっせせっせと建て上げました。

てきぱきと協力し合い、
夕方には一気にほぼ完成しました。

b0124020_02320053.jpg















幹線道路から小学校本校舎の敷地にたどり着くためには、
徒歩にしても車にしても、隣接する9エーカーを多少横切る必要があります。

b0124020_02320034.jpg















しかし、本来の道路は、
9エーカーの土地の辺縁にしっかりと確保されているのです。
フェンスの設置が終わったら、
道路をしっかりと耕して平らにして、
障害物を除去し、
車が通れる道路にしたいと思います。

b0124020_02320068.jpg















今年予定している全ての建設が、
平和に、無駄なく、スムーズに行われますように。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-05-30 02:29 | 現地で 小学校

校門の設置

本日のキラキラ小学校本校舎建設は、
校門の設置の開始。

校門自体は地元の溶接工場で製作。
その工場長はキャサリン(2年生女子)のお父さん。
あの、昨年11月のお誕生会で、
お母さんが誕生日ケーキを園児と児童全員に振舞ってくれたあの子のお父さんです。

彼は、かつてキラキラ保育園の教室と事務室の扉をつくった弟子時代から頭角を現し、
独立後も、確実できれいな仕事を積み重ね、
今はナマンガでも屈指の溶接職人として、
多くの人がまずは彼に製作を注文するという状態になり、
常に繁忙しているのです。

しかし、この校門を受け取り、
次に屋外トイレの扉を注文した時も、
しっかりと私の注文内容の細かい指示を書き留め、
ていねいにシャープに対応してくれました。

その校門を、棟梁ムワンジアさんと助手たちとで、
とりあえず設置しました。

校門の設置個所は、
3.2ヘクタールの土地の右下端で、
左上端の屋外トイレの正反対の位置にあり、
同じ敷地内ですが300mくらい離れています。

b0124020_04452346.jpg















続いて、屋外トイレにコンクリートを少々追加。

男子の小便用の部屋に、
男子たちが用を足すために立ち並ぶ台をつくりました。

b0124020_04452300.jpg















屋外トイレのベランダからトイレの部屋まで、
段差が30㎝では小さい子にはきつかろうと思い、
15㎝のステップを追加しました。

b0124020_04452354.jpg















そして、夕方は、
毎月末恒例の教職員会議を、
小学校建設現場で行うことに。

車に便乗して、
先生方がぞろぞろやって来ました。

b0124020_04452393.jpg















あいにくの小雨で、
やむなく屋外トイレの男子小便用の部屋の中に入り、
雨宿りしながら真面目に話をしました。

話合いの焦点は、
こどもたちのしつけについてと、
学習が遅れたこどもたちへの対処法について、でした。

後者の学習が遅れたこどもたちへの対処法について、
小学校のパトリック先生とポウリーン先生が、
休み時間や空き時間に少数対象に補習をするという提案。

賛成派:ジャシンタ校長、パトリック先生、ポウリーン先生
反対派:私、ドラー先生

ドラー先生は保育園の先生ですが、
その独自の視点と経験より、
遊びの中で学習することも大事!と発言し、
学習の遅れた子の休み時間を奪ってまで勉強させるのではなく、
十分に遊ばせることの重要性を語ってくれました。

そして、初めて小学校本校舎建設現場に来た先生たちは、
みな大喜びで、感激していました。

どうか、順調に、
小学校建設も、スクールバスの件も、
私のケニアの永住権の件も、
今後の学校運営も、
ナマンガのコミュニティーの発展も、
華々しくなくても良いので、
堅実に、着実に進んでいきますように。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-05-29 04:43 | 現地で 小学校
キラキラ小学校本校舎の建設現場。

本日は、屋外トイレの、
正面以外のほぼ全面が完成。

b0124020_00253295.jpg















トイレの一部屋は、
日本のカプセルホテルよりも広くて寝心地良さそう。
守衛さんもそのうちここで寝泊まりすることになります。

b0124020_00253236.jpg
























こちらは男子の小便用の部屋。
近所の人が通りかかって、
「ここは浴室か?」と尋ねていました。

b0124020_00253220.jpg















この浴室、ではなくて、男子の小便用の部屋から、
キリマンジャロがよく見えたので、
トタンで壁をふさがずに、大きな窓で開放しました。

キリマンジャロを見ながら立ちション、
なかなか解放感がありそうです。
湯船のある浴室だったらなおさら良かったのに。

b0124020_00253242.jpg















明日からは校門の設置工事です。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-05-28 23:24 | 現地で 小学校

屋外トイレの建築進む

棟梁のムワンジアさんと、
助手のカマウさんにより、
本日も屋外トイレの建築を進めました。

骨格はほぼ完成し、
屋根のトタンが設置され、
ちょっとした日陰ができました。

背景の格好いい山は、
タンザニア側に20㎞入ったところにあるロンギド山。

b0124020_01031343.jpg















トイレっぽくなりつつあります。
材木の緑色は、シロアリよけの薬を塗ったため。

b0124020_01031397.jpg















相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-05-27 23:02 | 現地で 小学校

屋外トイレの建築開始

月曜は、保育園の教員たちの県レベルでの会合があり、
キラキラの教員も全員県庁所在地まで出かけていったので、
保育園は1日だけ休園。

ひまにしていたうちのノゾミ(年長組)とヒカリ(年少組)を、
オートバイに乗せて小学校建設現場に連れて来て、
屋外トイレの基礎の上で遊ばせていました。

b0124020_01434485.jpg















火曜日、いよいよこの屋外トイレの建築が始まりました。
石レンガではなく、諸事情より材木とトタンのトイレにすることに。
棟梁のムワンジアさんと、助手のカマウさんが、
せっせせっせと材木を立ち上げています。

b0124020_01434484.jpg















にょきにょきっと出現した材木の柱。
今宵はこの材木が盗まれないように、
守衛の人に頻繁に監視してもらいます。

b0124020_01434494.jpg















「柱がにょきにょき」といえば、
シリアの世界遺産パルミラが、
ついにイスラム国によって占拠されたとのこと。
石柱がにょきにょきと広大な土地に突き出ているのが印象です。
私も2003年に尋ねたとっても素敵な遺跡ですが、
遺跡のロマンを感じないどころか破壊してやまないテロリストたち、
とっても残念で、心配です。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-05-26 23:42 | 現地で 小学校
キラキラ保育園の園庭で、
こどもたちが石拾いして、
たまりにたまった石を、
トラックで小学校建設現場に運ぼうとしたとき、
トラックが、あろうことか、
保育園の校門の側柱に激突し、
コンクリートの側柱が負傷し、
中の鉄筋がむき出しになり、
今にも倒れそうな危険な状態になってしまったのです。

それで、しかたなく修繕工事をしています。
1日目は、負傷した側柱を壊して、鉄筋を組み直し、根元をコンクリートで固定する作業。
2日目は、側柱全部を校門とつないでコンクリートで固定する作業。
3日目は、コンクリートが固まるのを待つ日。

そして、4日目の本日、側柱の壁塗り。


ご覧の通り、
棟梁のムワンジアさんと、
助手のカマウさんが作業しています。

b0124020_22144936.jpg















園児たちも興味深そうに見守ります。
物にぶつかって怪我をしないように、
やや離れたところでの見学を許可します。

b0124020_22144955.jpg















数か月後、
セメントがしっかり乾く頃に塗装を施して、
左右の色がそろうようにします。

b0124020_22144891.jpg















相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-05-22 22:14 | 現地で 保育園

屋外トイレの基礎完成

キラキラ小学校本校舎建設は、
屋外トイレが進行中。

本日はついにトイレの穴を閉じ、
基礎を完成させる大工事の日。

棟梁のムワンジアさんと、
8人の男たちがトイレに集結。

朝から夕方まで、
休む間もなくひたすら作業、作業。


木を支えにして、
トタンを敷き詰めていきます。

b0124020_01293232.jpg















みんなで鉄筋を組みます。

b0124020_01293253.jpg















コンクリートをつくるために、
砂と砂利を用意します。

b0124020_01293293.jpg















砂と砂利にセメントを混ぜて、
ひたすら人力でかき混ぜて、
コンクリートをつくります。

b0124020_01293291.jpg















コンクリートを、
木の上のトタンの上に運び込み、
鉄筋とともにかためていきます。

b0124020_01293241.jpg















セメントなどは、
車でナマンガの街の建材屋から調達して来ます。

b0124020_01293273.jpg















セメントは一袋50㎏。
50㎏の体重の人をおんぶするのは楽ですが、
50㎏のセメントの袋はどっしり重く、
肩で背負って運ぶのはなかなかの重労働です。

b0124020_01293287.jpg















そんなこんなで、
今日も充実した一日を過ごし、
夕方6時には職人さんたちに日当を手渡し、
大仕事の余韻に浸りながらバイクの後ろに乗って帰宅しました。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-05-21 23:29 | 現地で 小学校

建築の傍らで保育園?

いや、タイトルを訂正します。
「保育園の傍らで建築」
の方が本当は正しいです。

でも、建築の現場監督をしていると、
何となく建築が本業で保育園などが副業のような錯覚に陥り…。

というわけで、
今日の分の側柱修繕工事をしているそばで、
保育園の日常も満喫しました。

5月5日に始まったキラキラの2学期になってから、
保育園でまだ登校していないのはたった一人。
その子以外の全員の顔写真を取り終えることができました。


今日もみんな、元気にしていました。

b0124020_02385732.jpg















朝礼では、
ドラー先生が出席簿を見ながら各児を点呼して、
マーティン先生が年少組を、
ケジア先生が年中組の整列具合をチェック。

b0124020_02385784.jpg















午後は、職人さんたちと一緒に、
小学校本校舎建設現場に移動し、
引き続き作業、作業、作業。

明日は小学校本校舎の屋外トイレの穴にコンクリートの蓋を施して、
トイレの床全体にコンクリートを施す大作業の日。
早朝から戦闘態勢に入り、手際よく作業が進みますように。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-05-20 23:38 | 現地で 保育園

2カ所に分かれての作業

本日は、
先日トラックがぶつかって壊れた保育園の校門の側柱の修繕。


棟梁のムワンジアさんと、
助手のケンジャルオさんが来て、
まず2年前につくった時のセメントを壊し、
新たに鉄筋を組み、
根元をしっかりとコンクリートで固定します。

b0124020_00342095.jpg















この間、小学校本校舎の敷地では、
敷地整備などの作業が進行中です。
男8人態勢です。


ムワンジアさんとケンジャルオさんは、
側柱修繕の今日の作業分が終わった後、
午後からは6㎞離れた小学校本校舎の敷地へ移動。

そこで、つい昨日つくった、
屋外トイレの基礎の鉄筋を確認し、
鉄筋をコンクリートでかためるときに施した板を撤去します。

b0124020_00342070.jpg















この屋外トイレの穴をコンクリートでふさぎ、
屋外トイレの床の土台をつくる作業を数日後に行います。

そのための準備として、
隙間を泥や砂利で満たす作業も行います。

b0124020_00342088.jpg















こんな感じで、毎日頑張っております。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-05-19 23:26 | 現地で 保育園+小学校