アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

滑り台で大はしゃぎ

キラキラ小学校仮校舎の脇にセメントで造った、
オリジナルの滑り台が大好評です。

先日、キラキラの園児や卒園児、
友人や近所のこどもたちが大勢集まって、
この滑り台に殺到して大はしゃぎしました。

b0124020_2593657.jpg




滑り台の下にはトンネルがあり、
みんなでくぐったり、
秘密基地(全然秘密ではない!)を造ったり、
活用してくれています。

b0124020_314610.jpg




この滑り台は、私が小学生時代によく遊びに行った、
実家の近所の諏訪公園の滑り台を参考に、
私が設計し、職人のムワンジアさんとともに造ったもの。

b0124020_331423.jpg




造ったばかりでまだ塗装が完成していない机に腰かけて、
みんな大喜びです。

b0124020_345079.jpg




あの、昨年秋ごろのブログで何度も紹介したアナスタシアとその妹です。
現在は地元の公立AIC小学校の1年生。
小学校仮校舎を妹と一緒に訪れ、
思う存分楽しんでいきました。
現在は祖母に引き取られ、
小学校仮校舎の近くで暮らしているとのこと。

b0124020_361893.jpg




遊具の安全と、敷地の防犯に気をつけながら、
地域社会に開かれた、地域に貢献する施設を、
目指していきたいです。


K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2013-08-19 03:15 | 現地で 全般・他
キラキラ保育園の修繕工事を一段落させて、
再度職人たちと一緒にキラキラ小学校仮校舎の方に戻って来ました。
建設はいよいよ仕上げ段階。
これから塗装に取り掛かろうという段階です。


屋外トイレ。
左より、男子(小便)用、女子用、女子用、スタッフ用、水浴所です。

b0124020_2462563.jpg




仮校舎。
教室2部屋、職員室、守衛の部屋と、ほぼ完成しています。

b0124020_2475090.jpg




水槽も完備です。
下に、セメントで造った、8000リットル入る水槽と、
上に、2300リットルおよび1500リットル入るプラスチックの水槽です。

b0124020_249566.jpg




独立した建物である台所もほぼ完成です。

b0124020_2505195.jpg




地元の小学校に通うキラキラ卒園の女子たちが、
ぶらっと訪れて、はしゃいで遊んでいます。

b0124020_2513785.jpg




仮校舎の脇にも水槽を設置しました。
そこに、オリジナルな滑り台を造りました。

b0124020_2524097.jpg




こどもたちには、階段を上って、滑り台で滑り降りて、
トンネルをくぐって、水槽の水で手を洗って、
教室に入る、というパターンで遊んでもらいたいと思います。

b0124020_2534031.jpg




うちの娘たちも、この滑り台ではしゃいでいます。

b0124020_2545641.jpg




仮校舎で使う机も造っています。
かつてのように、私自身で造りたかったのですが、
多忙なので、職人たちに造ってもらっています。

b0124020_2554744.jpg




これらの机の塗装を、これから始めようというところです。

b0124020_257952.jpg




建設の中でも、最終仕上げはとてもストレスがたまります。
何とか8月中に一段落させて、
滞っている諸々の仕事に取り掛かりたいものです。


K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2013-08-16 03:05 | 現地で 小学校
キラキラ保育園の2学期が終了した翌日から開始した修繕工事、
連日早朝から夜まで、建築チーム一丸となって集中し、
予定よりも早く終了しました。


今回は、左より、台所、守衛の部屋、職員室のドアを、
木造から金属のものに交換しました。

b0124020_4103147.jpg




台所の釜も、しっかりと熱に耐えられるように、
かつ、背の低いジュリアナさんが椅子の上に昇って鍋をかき回す必要のない程度に低めに、
造り直すことができました。

b0124020_4123779.jpg




トイレの穴も小さく造り直したので、
トイレを怖がるこどもたちもいなくなることでしょう。
(逆に、穴に命中するのが難しくなるかもしれませんが)

b0124020_4142542.jpg




男の子たちの立小便ゾーンの壁も、
防水セメントでしっかりと造り直しました。

b0124020_4162197.jpg




正門も、金属製のものに交換し、
格好良くなりました。

b0124020_4171737.jpg




キラキラ保育園での修繕工事を終えて、
これから荷車に建材などを載せて、
再度キラキラ小学校仮校舎へ向かおうとしているところです。

b0124020_4182034.jpg




キラキラ小学校仮校舎の建設と、
キラキラ保育園の修繕工事とは、
だいたいこのメンバーで行っています。
中にはキラキラ本部・複合施設の建設開始当初からいる人もいます。
みんな、努力家で、有能で、礼儀正しく、
連日一丸となって建設に取り組んでいます。
(前列左のママさんは、毎朝10時ころにお茶と軽食を売りに来る人)

b0124020_419376.jpg




早速、キラキラ小学校仮校舎での仕上げ作業が再スタートしました。
早く建設を一段落させて、ストレスから解放されて楽になりたいと思う半面、
このまま永遠に?建設の日々が続けば幸せだなと思うくらい、
有意義な毎日を過ごしています。


K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2013-08-14 04:26 | 現地で 保育園
キラキラ小学校仮校舎の建築も一段落し、
保育園の2学期終了に合わせて、
建築の舞台をキラキラ保育園に移し、再始動しています。

建材などを荷車2台に乗せて、
よいしょよいしょと職人さんたちみんなで運びました。


普段の保育園とはガラッと変わり、
建材でごった返す保育園の敷地です。

b0124020_2010395.jpg




半壊状態だった年長組と年少組の教室の床を全て壊し、
新たにしっかりと床をつくります。
赤い色は、酸化鉄で、床のセメントを強固にする作用があります。

b0124020_20103556.jpg




半壊状態だった台所のかまども壊し、
新たにしっかりとつくります。

b0124020_2013997.jpg




半壊状態だった男児の小便用のトイレも壊し、
新たにしっかりとつくります。

b0124020_2014794.jpg




穴が大きすぎて、恐がるこどもが多かったトイレの穴を、
小さくつくりなおします。

b0124020_2015647.jpg




シロアリに食い尽くされてぼろぼろだった正門を撤去し、
新たに金属製の正門を据えます。

b0124020_20162850.jpg




他にもいろいろ、肝心な場所をしっかりとつくりなおします。
9年前の建築では、ひたすら倹約に努め、
経験も豊富ではなかったために、
かなりぼろくさい(ミヤネ屋のディレクターいわく、「手作り感のある」)校舎でしたが、
今回の修繕で、多少はぼろさから脱却しそうです。


修繕工事が進行中の保育園の敷地内に、
近所に住む園児たちも遊びに来ます。
建築の邪魔にならないように、
建材で怪我をしないように、
和やかに遊んでもらいます。

b0124020_20173055.jpg




約1週間保育園の修繕工事に集中し、
その後再び小学校仮校舎に戻り、
全てを8月末には完成させる予定です。


K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2013-08-09 20:22 | 現地で 保育園
キラキラ保育園が、2013年2学期の終了日を迎えました。
ここしばらく、建築の現場監督で手いっぱいで、
なかなか保育園に脚を運ぶことができない私ですが、
この日は建築を休み、朝から晩まで保育園に集中することができました。


年長組の成績優秀者たち。

b0124020_19521773.jpg



年中組の成績優秀者たち。

b0124020_19541687.jpg



年少組の成績優秀者たち(男児)。

b0124020_19555717.jpg



年少組の成績優秀者たち(女児)。

b0124020_1957342.jpg




2学期の無欠席者たちに、恒例のTシャツ授与。

b0124020_19584060.jpg




お誕生会も同時に開催。
今回は7月生まれさん8人、8月生まれさん12人を祝福。
下は7月生まれさんたち。(8月生まれさんたちの集合写真は撮り忘れ)

b0124020_201181.jpg




午後2時に、3学期の学費を払ってもらうために、
マサイビーズのアクセサリーのお母さんたちを集め、
販売・購入会。


午後4時に、全体の保護者会。
小学校1年生部門開設に向けて建築が着々と進んでいることに、
保護者の皆さんからの拍手喝采を受けました。


午後6時には一通り終わり、
翌日から始まる保育園校舎の修繕工事のためのお膳立ても済ませ、
スタッフも家路につきました。


K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2013-08-09 20:07 | 現地で 保育園