アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:現地で 小学校( 160 )

11月、2週間限定で、
キラキラ小学校仮校舎などの建築を再開しました。

溶接・板金職人がようやく確保でき、
小学校の校門が出来上がりました。

それを、石工職人が、
セメントなどでしっかり固定し、設置しました。


校門を、敷地の内側から眺めます。
右は屋外トイレです。

b0124020_1185020.jpg




校門を、敷地の外側から眺めます。
右奥は校舎です。

b0124020_1193552.jpg




敷地の真ん中を、枯れ川の大きな溝が縦断していました。
せっかくの広い敷地も、その溝のおかげで台無しでした。

そこで、ナマンガの道路建築業者から、要らなくなった土砂を、
トラック何台分も安く購入することを繰り返しました。
その結果、溝は見事に埋まりつつあります。

これでようやく、溝の両側のランニングだけでなく、
サッカーなどもできるようになります。


日雇い労働者たちとともに、
溝を埋め立てて敷地を平らにする作業をする様子です。

b0124020_120174.jpg




K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2013-11-13 01:31 | 現地で 小学校
ケニアの学校は年度末を迎えています。
年度末には、期末試験(年度末試験)や卒業だけでなく、
1月から始まる次年度の準備もします。

キラキラ保育園の卒園児たちがそれぞれ進学する小学校の
入学試験に備えなければなりません。

ただ、今回は、卒園児の進路の選択肢の筆頭に、
「キラキラ小学校」が初登場!
(厳密に言うと2007末にも1回ありましたが)

新設キラキラ小学校については、
既に多くの卒園児や部外者の父兄たちから、
問い合わせをいただいています。

それで、公約していた11月に入ったということで、
キラキラ小学校の募集要項を公示しました。

要約すると、
入学受付は3日間かけて行い、
キラキラ保育園在園児、キラキラ保育園OB・OG、それ以外と順を追い、
入学希望者が間違って保育園の方に来ないように、
会場が小学校(仮校舎)であることを明記し、
受付に必要な物や条件を列記し、
気になる学費などの情報も明示し、
女子の制服は、安全確保のために、ワンピース型の制服ではなく、
「ブラウス+ジャンパースカート+内側のズボン」で構成することを明示し、
大雑把ですが、概要がわかるようにしました。

9年前に保育園を始めたときは、
全く訳が分からずに手探りだったのですが、
今回は、ある程度事情がわかりながらも、
先が読めない部分もあり、
久しぶりに期待と不安でそわそわしている心境です。

ケニアの大多数の小学校の現状とは正反対に、
落ちこぼれをつくらずに、
一人一人と正対する小学校を目指し、
キラキラ新章の幕開けです。


キラキラ・コーディネーター
相原功志 記
[PR]
by kjkirakira | 2013-11-02 22:12 | 現地で 小学校
キラキラ小学校仮校舎の建設がほぼ終わりました。
2月以降、連日繰り広げられてきた一連の建設も、これで一段落です。
(キラキラ本部・複合施設、キラキラ保育園の修繕、キラキラ小学校仮校舎)

あとは、正門設置と、貯水タンクに昇るための階段と、
ドアや窓の手入れと、一部の塗装と、一部の家具と、電気の開通と、
……わずかな工程を残すのみ。
これらは後日少しずつ補って完成させてまいります。


みんなで机に塗装を施している風景。

b0124020_23424021.jpg




ある日、たまたま安く大量に入手した肉を、
焼き肉にして職人さんたちに振舞いました。
職人さんたちが、肉食獣さながらに、
焼き肉に群がっています。

b0124020_23433516.jpg




放牧らくだの群れも、
敷地のフェンスの外に応援にかけつけました。

b0124020_23443184.jpg




屋外トイレとは思えないくらいにきれいに仕上がりました。

b0124020_23453471.jpg




調理場もこぎれいな感じ。

b0124020_23461170.jpg




貯水槽(下)と貯水タンク(上)。
水は水売りのトラックから購入するので高くつきますが、
運営がずさんな地元の水道局の水に依存するよりも、
安心で豊富に水を得られるようになりました。

b0124020_23464258.jpg




校舎には、教室2部屋と、職員室と、守衛の部屋があり、
守衛として、建築職人の見習いだったクリア君を迎えることになりました。
クリア君にとっても新たな生活のスタートです。

b0124020_23472131.jpg




滑り台は、ピンクと黒で、
まるでギャルのファッションのような仕上がりになりました。

b0124020_2348121.jpg




この滑り台が、児童たちや近所のこどもたちを魅了するのが楽しみです。

b0124020_23484131.jpg




廃材を利用した双子の物置小屋です。
左は木材、右はトタンです。

b0124020_2349910.jpg




敷地の様子です。
敷地の真ん中を横切るように、
かつて大雨の度に濁流が下って行った溝が大地に刻まれています。
ここ数年は水の流れが移動し、濁流が下ることはないのですが、
大きな溝が敷地の左右を隔ててしまっています。
先日、ナマンガ国境再開発のために泥を移動させていたトラックから、
安価で泥を入手して、トラック6台分の泥を敷地に撒いて、
大きな溝をある程度埋めることができました。
また後日、大量の泥をトラックから購入して、
敷地を平たんにしなければなりません。

b0124020_23493937.jpg




建築の最終日の夕刻、
職人さんたちの前で、謝辞を述べました。
みんなも、私に対して深い謝辞を述べてくれました。

ワウェルさん、カマウさん、コスマスさん、ムワンジアさんなど、
2月から8月に至るまでずっと一緒に働いていた職人さんたちもいます。
時には夜8時までかかり、懐中電灯の灯りを頼りに仕事をし、
時には厳しく突き放し、時には重労働に音を上げつつも、
辛く激しい建設を、みんなで楽しく有意義に行ってきました。

多くの職人さんたちは、
日雇いの不安定な収入に依存しています。
数か月間毎日しっかりと働き口が得られるということは、
奇跡と言っても良いようです。

この建築で、毎日確実に固定収入が得られ、
こどもたちの学費滞納分を全納した人もいれば、
山羊を買って細々と放牧を始めた人もいれば、
みんなそれぞれに貯蓄を増やしたり、
何らかの生活向上を果たすことができたようです。
(中には酒代に消えていった人もいるようですが…)

来週から、みんな新たな働き口を求めて、建築現場を転々として、
雇ってもらえるところを探さなければなりません。
時にはなかなか働き口が見つからず、
半月や一か月も無職で過ごさなければならないときもあるようです。

私たちと一緒に汗を流した職人のみんなが、
この建設で得た経験と技術と力を用いて、
仕事と収入に恵まれて、
各人の家計のためだけでなく、ナマンガのコミュニティーのために、
見える建築、見えない建築に寄与していって欲しいと切に願います。


明日9月1日(月)より、キラキラ保育園3学期が始まります。
しばらく放置していた見えない部分の建設にしっかり取り組んで、
来年1月開校予定のキラキラ小学校に照準を合わせていきたいです。


K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2013-09-02 00:25 | 現地で 小学校

建設終了!!!

2月初旬から、毎日のように取り込んできた建設。
それがようやく一段落しました。

物心両面で支えてきてくださった、
日本などの支援者の皆さまのおかげで、
速く、スムーズに、完成度の高い形で、
今日の日を迎えることができたのです。
心から感謝申し上げます。
神様の祝福が皆さまの上に満ち溢れますように。


キラキラ本部・複合施設、
キラキラ小学校(仮校舎)、
ときにはキラキラ保育園修繕まで。

いかに直線を直線に、直角を直角にするか、
いかに水平線と重力線を正確に測るか、
いかに㎝、㎜の誤差を少なくするか、
いかにセメントを硬くするか、

いかに安価で良質な建材を調達するか、
いかに建材を正確な量と数だけ見積もるか、

いかに職人に仕事を配分するか、
いかに職人たちの正確さを増すか、
いかに職人たちのスピードを増すか、
いかに職人たちを叱るか、
いかに職人たちをほめるか、

毎日毎日、これらのことで頭がいっぱいで、
日中は建設の現場監督で疲労困憊し、
夜や日曜に最低限の事務仕事をこなすのが精いっぱいで、
睡眠時間も削られ、
必要な仕事の多くが積み残されたまま放置され、
……。

しかし、ようやく一段落。
仕上げ段階がいくつか残っていますが、
ようやく一息つけそうです。

今回の、これら全ての建設は、
キラキラの基礎を固め、
小さなコミュニティーを対象にしていたキラキラが、
より大きなコミュニティーを対象にできるように、
拡大・発展させるもの。

小学校部門、
公園、
集会所、
書店・文房具店、
インターネットカフェ、
井戸、
……
キラキラの夢の実現に向けて、
可視・不可視の建設は、
これからも続いていきます。

K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2013-09-01 02:35 | 現地で 小学校
キラキラ保育園の修繕工事を一段落させて、
再度職人たちと一緒にキラキラ小学校仮校舎の方に戻って来ました。
建設はいよいよ仕上げ段階。
これから塗装に取り掛かろうという段階です。


屋外トイレ。
左より、男子(小便)用、女子用、女子用、スタッフ用、水浴所です。

b0124020_2462563.jpg




仮校舎。
教室2部屋、職員室、守衛の部屋と、ほぼ完成しています。

b0124020_2475090.jpg




水槽も完備です。
下に、セメントで造った、8000リットル入る水槽と、
上に、2300リットルおよび1500リットル入るプラスチックの水槽です。

b0124020_249566.jpg




独立した建物である台所もほぼ完成です。

b0124020_2505195.jpg




地元の小学校に通うキラキラ卒園の女子たちが、
ぶらっと訪れて、はしゃいで遊んでいます。

b0124020_2513785.jpg




仮校舎の脇にも水槽を設置しました。
そこに、オリジナルな滑り台を造りました。

b0124020_2524097.jpg




こどもたちには、階段を上って、滑り台で滑り降りて、
トンネルをくぐって、水槽の水で手を洗って、
教室に入る、というパターンで遊んでもらいたいと思います。

b0124020_2534031.jpg




うちの娘たちも、この滑り台ではしゃいでいます。

b0124020_2545641.jpg




仮校舎で使う机も造っています。
かつてのように、私自身で造りたかったのですが、
多忙なので、職人たちに造ってもらっています。

b0124020_2554744.jpg




これらの机の塗装を、これから始めようというところです。

b0124020_257952.jpg




建設の中でも、最終仕上げはとてもストレスがたまります。
何とか8月中に一段落させて、
滞っている諸々の仕事に取り掛かりたいものです。


K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2013-08-16 03:05 | 現地で 小学校
キラキラ小学校仮校舎の建設は、
ほぼ毎日、4人の職人と約8人の助手たちとともに、
てきぱきと、チームワークもゆるぎなく、
日に日に進展しています。


台所のかまどです。

b0124020_3155234.jpg



b0124020_31610100.jpg




仮校舎です。

b0124020_3165057.jpg



b0124020_3171618.jpg



b0124020_3173748.jpg




仮校舎を別の角度から。

b0124020_318204.jpg



b0124020_3184269.jpg




K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2013-07-18 03:20 | 現地で 小学校
建築は毎日超劇的に大忙し!
小学校仮校舎に関しては、
私自身が技師であり、監督であり、下働きであり、経理であり、
一時たりとも目が離せません。

キラキラ保育園の方には、
時々顔を出す程度。
度重なる運営面での改革を通して、
やり繰りにやり繰りを重ね、
私の業務は最低限に設定してあるので、
普段は先生方だけでうまく現状維持しています。


ついに全貌を現わしました。
これが教室の建物の骨格です。

b0124020_1564260.jpg




トイレの穴掘りも終わり、
コンクリートでしっかりと蓋をしました。

b0124020_1572499.jpg




保育園部門と小学校部門で使用する家具(机や本棚など)も、
着々と出来上がりつつあります。

b0124020_1581686.jpg




この前の土曜日は、建築がとても忙しかったので、
キラキラ保育園まで補習教室を開きに行く余裕がありませんでした。

それで、急きょ、複合施設で行うことに。
12人のこどもたちが集結し、
複合施設の中庭でノートに書かせたりして、
隣接する小学校建設現場を巡回している私のところに呼んで、
チェックしてまた他の問題をやらせる、というパターンで、
何とか補習教室と建築とを両立させました。

小学生たちは、ついでに建築のお手伝いもしてくれました。
石を拾って、コンクリートで固める下地をつくったり。

複合施設の外、小学校仮校舎の敷地で、
みんなで昼食を摂りました。

b0124020_1591958.jpg




K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2013-07-15 02:08 | 現地で 小学校
キラキラ小学校仮校舎の建設は、
毎日着実に進んでいます。


炊事場のかまどは、これまでの経験を駆使して、
最良のものを造っています。
職人の一人が、「デジタルなかまど」と称したほど。
(デジタル=最新のもの、という意味)

b0124020_2223584.jpg




完成した基礎の上で、
教室の建設も始まりました。
6メートル×15メートルの長い長方形の中に、
2教室と、職員室と、守衛の部屋を設けます。
石レンガれはなく、材木とトタンで造ります。

今日は、長辺両サイドの骨格を造りました。
明日の朝にみんなでよいしょと持ち上げて立たせます。

b0124020_224962.jpg




夕刻の建築現場は、恰好の遊び場所です。
うちのノゾミは、材木の切れ端で建設ごっこをしています。

b0124020_2264958.jpg




K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2013-07-12 02:28 | 現地で 小学校
キラキラ小学校仮校舎の建設は順調に進んでいます。


基礎の工事が完成しました。

b0124020_3371665.jpg




完成した基礎の上で、娘たちが飛び跳ねて遊んでいます。

b0124020_3373517.jpg




炊事場は独立した小さな建物として建てます。

b0124020_338021.jpg




今年の建設のクライマックスに差し掛かり、
最高に忙しい7月になりそうです。


K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2013-07-09 03:41 | 現地で 小学校
キラキラ小学校仮校舎の建設が、
順調に滑り出しています。

トイレの穴掘りは進行中。

キラキラ本部・複合施設建設で使用した古い木材を利用して、
ちょっとした物置小屋も立てました。

フェンスの杭を立てるための穴を掘り、
そこに杭を立て、根元はコンクリートで固定し、
鉄条網を張り巡らしました。

b0124020_1312923.jpg




肝心な教室などの建物は、
そのための基礎を計測し、
基礎の溝を掘り、
そこに基礎を建設する工事を開始しました。

b0124020_1325932.jpg




基礎建設のためのコンクリートは人力で造ります。
砂と砂利と水とセメントを、シャベルでかき混ぜかき混ぜ、
基礎の溝に敷いていきます。

b0124020_134449.jpg




仮校舎の建設は、本部・複合施設ほど難解ではないので、
数週間後には完成していることでしょう。

完成が楽しみですね。


K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2013-07-02 01:39 | 現地で 小学校