アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:日本で 民芸品販売( 9 )

民芸品2017③

現地キラキラで2017に仕入れた民芸品 その③


<木彫り色柄キリン>大中小

b0124020_20101778.jpg



























<木彫り色柄シマウマ>中小
黄色ではなく、白だったらもっと良いのですが。

b0124020_20101790.jpg



















<黒檀動物>大中小
木彫りですよ!木彫り。
粘土でもなければ金属でもありません。

b0124020_20101896.jpg



















黒檀のキリンとガゼル。
地震が起きると倒れるかもしれません。

b0124020_20101717.jpg



























黒檀のライオンとゾウ

b0124020_20101808.jpg



















黒檀のバッファローとサイ

b0124020_20101894.jpg



















サイがいちばん格好いいなと思いますが、
個体数は激減しているようです。

b0124020_20101836.jpg



















わざわざ買ったり使う必要のないものは、
買ったり使ったりしないようにしましょう。
(例:象牙、サイの角、他)

b0124020_20101875.jpg



















2年生たち、左より、
レビスくん、キモガくん、エンジェルさん、メリーさん、カレンさん、ノゾミさん

b0124020_20092752.jpg



















相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2017-07-21 20:23 | 日本で 民芸品販売

民芸品2017②

現地キラキラで2017に仕入れた民芸品 その②


牛追いの笛です。
キラキラでの通称は<マサイ笛>
放牧の少年が携帯していることがあります。

b0124020_20042556.jpg



















こんな感じで吹きます。
(左より、ブライアンくん、ブランドンくん、ともに1年生)

b0124020_20092734.jpg



















こんな感じ。

b0124020_20092761.jpg



















キーホルダーです。
左より、
<革キーホルダー>
<ビーズキーホルダー>
<牛角キーホルダー>または<くつべらキーホルダー>
<牛骨動物キーホルダー>

b0124020_20042532.jpg



















牛骨を加工してつくった<牛骨ブレスレット>です。
ゴムが伸び縮みします。

b0124020_20042547.jpg



















ビーズと針金細工各種です。
<ビーズ皿>の大きいサイズと小さいサイズ
<ビーズ小動物>には、トカゲ、カエル、トンボ、テントウムシ、ダチョウなどがあります。

b0124020_20042551.jpg



















商品名「マサイ・シュカ」ですが、キラキラでの通称は<マサイ・ブランケット>。
ご覧のように防寒などの目的で身に着けます。
(左より、キモガくん、レビスくん、ともに2年生)

b0124020_20042670.jpg



















そのサイズはご覧の通り。
ベッドや布団が覆えるくらい大きいです。

b0124020_20042664.jpg



















東アフリカの女性に好まれ使用される布地、<カンガ>です。
布のままでご覧のように身に着けたり、
加工して衣服にしたりすることもできます。
(左より、エンジェルさん、ノゾミさん、メリーさん、カレンさん、みな2年生)

b0124020_20042441.jpg



















サイズはこんな感じ。
現地で買うと、2枚組になっており、
これらで上半身と下半身を覆ったり、
頭と体全体を覆ったり、
姉妹や母娘でお揃いにしたりできるのです。
スワヒリ語のことわざや名言がプリントされているものと、されていないものとがあります。

b0124020_20042401.jpg



















相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2017-07-21 20:02 | 日本で 民芸品販売

民芸品2017①

現地キラキラで2017に仕入れた民芸品 その①

これらは主に2018以降に日本で販売させていただくことになります。


牛骨を加工してつくった、
キリン型、ゾウ型、十字架型、角型などのパーツをポイントに、
主に黒いビーズでつくった<牛骨ネックレス>です。

b0124020_19444598.jpg



















ビーズでつくった
太陽の形のパーツをポイントに、
色とりどりのビーズでつくった<太陽ネックレス>です。

b0124020_19444538.jpg



















牛の角を加工してつくった
ハート形や円形のパーツをポイントに、
ビーズで多重に織り込んだ<牛角ネックレス>です。

b0124020_19444525.jpg



















ビーズを多重に織り込んだ<多重ネックレス>です。
石やプラスチックで加工してつくったパーツがあるものとないものとがあります。

b0124020_19444431.jpg



















ヘマタイト(酸化鉄の鉱石)製のビーズでつくった<ヘマタイト・ネックレス>です。
ポイントになるパーツがあるものとないものとがあります。
重厚でやや高価なものと、軽くてやや安価なものとがあります。

b0124020_19444666.jpg



















ゴム製の輪の周りにビーズを施してつくった<首輪>です。

b0124020_19444505.jpg



















こちらも首輪ですが、このタイプは<マシンバイ>といいます。
ビーズだけのもの、貝殻も織り込んだもの、
裏側が革製のもの、プラスチック制のもの、そのままビーズむき出しのものなどあります。

b0124020_19444504.jpg



















ブレスレットです。

左の2つは現地の言葉(マサイ語)でゴイピラ、
ゴム製の輪の周りにビーズを織り込み、
ぐいぐいっと手首にはめこむもので、
キラキラでの通称は<円形ブレスレット>。

右の2つは現地の言葉(マサイ語、スワヒリ語)でバンギリ、
針金にビーズを織り込んでいき、
装着は針金のフックで行うもので、
キラキラでの通称は<針金ブレスレット>。

b0124020_19444449.jpg



















モデルは2年生たち。
左より、
キモガくん、レビスくん、エンジェルさん、
メリーさん、カレンさん、ノゾミさん。

b0124020_19475921.jpg



















相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2017-07-21 19:43 | 日本で 民芸品販売

民芸品の準備

一時帰国が近いので、
その準備に追われています。

本日の土曜日は、
我々の建築職人でもあったコスマスさんを
ナイロビのマサイマーケットに派遣して、
買い出しをしてきてもらいました。

以前は自分自身でやっていたのですが、
民芸品の購入のためにナイロビに行く時間がなかなか取れないこと、
ナイロビで買った民芸品の運搬がなかなかできないことなどがあり、
なるべくコスマスさんに任せるようにしているのです。

民芸品以外の業務でも、
私自身がどうしてもやらなければならない仕事以外は、
なるべく人に任せるように心がけています。
その際は、
指導にも手間がかかりますし、
謝礼や手数料も払わなければならないのですが、
長い目で見れば、
キラキラの継続的で自律的な発展のために必須なことです。

新築のキラキラ本部の中庭にある、
会議用スペースが、
こんなときに大活躍です。

コスマスさんが持って来た民芸品を、
一気に広げて、一目瞭然で確認し、
梱包も素早くできます。

b0124020_21564986.jpg















b0124020_21563107.jpg















これらの民芸品のうちのどれかが、
この春~夏に日本で、
今これを読んでくださっている皆さまのどなたかの物になるかもしれません。


K.A.記

[PR]
by kjkirakira | 2014-03-08 22:14 | 日本で 民芸品販売
テレビ「ミヤネ屋」の放送をご覧いただき、
心を動かしていただいた皆さまから、
様々な形で反響をいただいており、
心より感謝申し上げます。

**

キラキラ保育園の運営などで、
ケニア共和国ナマンガのこどもたちの
保育・教育・給食などを支援している
キラキラ・プロジェクト。

その日本側後援組織として、
キラキラを支える会という任意団体(法人格なし)があります。

キラキラを支える会の主な活動は、
文字通りケニアのキラキラを支えるために、
資金集めをすることです。

まず、会員募集+募金があります。
これは、ブログの他の記事やホームページをご参照ください。

さらに、年に3回ほど、
首都圏の「~フェスタ」という類のイベントで、
東アフリカの民芸品を売って、
その売り上げを現地キラキラに仕送りしています。

また、私自身が一時帰国をする際には、
各地で講演会などを開き、
講演会の前後で民芸品を売ったりもします。

**

さて、この度のテレビ放送で、
年少組の園児ブライアンのお宅を訪問するくだりがありました。

ブライアンのお母さんもお祖母ちゃんも町に溶け込んだマサイ族。
まとめ買いした木炭を小分けにして売ったり、
自分たちで食べる食糧を庭先で栽培したり、
つつましい質素な暮らしを営んでいますが、
副業(本業?)として、
ビーズのアクセサリーを製作し、
売ったりもしています。

ナマンガには、
ビーズのアクセサリーを製作し、
それらを売ることで生活の糧を得ている
マサイ族のお母さん、お祖母ちゃんたちが多くいます。

キラキラ保育園の園児100人中、
30人(保護者にすると20人くらい)が、
キラキラに自分たちのビーズを売ることによって、
保育園の学費を払っています。

お宅を訪問したブライアンもその一人。

テレビで映し出された国境地帯のビーズ売りのおばさんたちも、
その多くが、現在または過去にキラキラ保育園児の保護者で、
手作りのビーズ・アクセサリーをキラキラに売って、
それで保育園の学費を払っていたと言っていましたね。

あそこでインタビューに答えていたあのお祖母ちゃんは、
キラキラ保育園2008卒のシャドラック(現在小学4年生)のお母さん、
キラキラ保育園2011卒のガブリエル(現在小学1年生)のお祖母ちゃん、
そして、現在年少組のシロンカのお祖母ちゃんに相当します。

その放送内容に対して、
民芸品を買い取るという形でのご支援を
申し出ていただいた方々が複数いらっしゃいます。

そこで、
「ビーズを購入してキラキラ支援!」と題して、
この場を借りて、少し詳しく解説させていただきます。

**

過去にも、個人や団体で、キラキラ経由で、
東アフリカの民芸品を買い取ってくださった方々がいらっしゃいました。
ご本人の判断で、
イベントやお店で転売される方も、
お知り合いにプレゼントされる方もいらっしゃいます。

現地での仕入れは、
私(または私が委託した人)が、
品物の製作者(または仲買人)から、
適度に安い値段で買い取ります。

製作者の利益も考慮しつつ、
ぼったくりの高額は断固拒否する、
というレベルの仕入れ値です。

**

具体的な品物は、仕入れ先別に、だいたい以下の4通りに分けられます。


①キラキラのマサイビーズのアクセサリー

キラキラ保育園の園児100人中、
30人くらいの保護者たち(お母さんやお祖母ちゃん)が、
マサイビーズのアクセサリーをつくって、それをキラキラに売って、
それでキラキラ保育園の学費を支払っています。

各種ブレスレット (ケニアでの仕入れ100円、日本で500円)、
各種ネックレス (仕入れ150~200円、日本で1000~1500円)

仕入れはキラキラで私と製作者のママさんたちが正対して行うので、
確実であり、直接、製作者やキラキラ保育園の利益に反映します。


②キラキラ地元のナマンガで仕入れるもの

東アフリカの女性が愛用している大きな布カンガ (ケニアでの仕入れ500円、日本で3000円)
マサイの人たち愛用の古タイヤ製のサンダル (ケニアでの仕入れ300円、日本で1500円)
タンザニア産のインスタントコーヒー「アフリカフェ」 (ケニアでの仕入れ200円、日本で1000円)


③170㎞離れたケニアの首都ナイロビで仕入れるもの

マサイ族の男性が愛用している大きな厚手の布 (ケニアでの仕入れ600円、日本で3000円)
各種キーホルダー (ケニアでの仕入れ100円、日本で500円)
木彫りの動物など (仕入れ150~200円、日本で1000~1500円)
針金製の動物や乗り物 (仕入れ200~300円、日本で1500~2000円)

ナイロビでの仕入れは、
運搬なども大変で、
何度も何度もできるものではありません。


④日本でつくるキラキラ・グッズ

キラキラ・オリジナルTシャツ (仕入れ1500円、販売2000円)
キラキラ・カレンダーはがき (製作費300円、販売600円)


だいたいのイメージを持っていただけたでしょうか?
各品物の画像は、別にアップさせていただきますので、
ご覧ください。

だいたいの品物の種類や数、
だいたいの予算(日本での購入価格で一万円、二万円、五万円など)、あるいは、
だいたいの品物の個数(ブレスレット30個、軽めのネックレス40個など)を、
ご指定いただければ、
こちらで準備してお届けすることができます。

いちばんのお勧めであり、
こちらの仕入れの手間もかからず、
荷物もかさばらず、
直接製作者やキラキラのためになるのは、
キラキラ保育園のママさんたちのマサイビーズのアクセサリーです。

**

発送方法は、国内および現地直送があります。


★国内発送

数と量が少ない場合です。

キラキラを支える会の民芸品担当役員(ボランティア)の藤下が、
自宅にて保管しているキラキラ用の民芸品の在庫の中から、
日本国内の宅急便でお届けします。

また、私相原が一時帰国している期間中であれば、
私のさいたま市の実家からの発送も可能です。


★現地直送

数や量が多かったり、
国内での在庫が切れていたり、
現地にしかないものだったりする場合です。

現地のナマンガ郵便局から、
航空便または船便での発送になります。

航空便は2週間で届きますが、
送料はだいたい仕入れ値総額の0.5~2倍くらいですね。

船便(陸路も含めたSurface Mail)は、
3~8か月かかりますが、送料が安いです。
私がときどきキラキラを支える会用に日本へ発送する際は、
経費節約のために船便で送っています。

これまで8年間の経験上、
荷物が結局届かなかったという事態はありません。
ただ、少しの破損はやむを得ません。
少々の破損は、「アフリカ的でいい感じだ」と納得していただければ幸いです。

**

代金のお支払いは、
下記の、キラキラを支える会の
ゆうちょ銀行口座(郵便振替口座)宛てに
お願いいたします。

口座番号  00220-3-39508
加入者  「キラキラを支える会」

この際、振込用紙の通信欄に、「民芸品購入」とご明記いただくか、
別途メールなどで振り込んだ旨連絡いただければ感謝です。

入金のタイミングは、
ご希望にできるだけ副いたいと思います。

荷物の発送完了と同時にご入金いただくのも良し、
荷物の到着を見届けてからご入金いただくのも良し、
民芸品を売りさばいてから、後日その売り上げをご入金いただくのも良し、
状況に応じて相談させていただきます。

金額は、先程例として記載した日本での販売価格が目安になりますが、
個々の品物によって、時期によっても多少は異なりますので、
その都度相談させていただきます。

**

では、別にアップする
「民芸品①」
「民芸品②」
「民芸品③」
「民芸品④」
での民芸品の画像もご覧ください。

メールでの連絡先
kirakira_sasaeru@yahoo.co.jp
(「ハイフン」ではなく「アンダーバー」です)


ケニアでこどもの保育・教育・給食支援
キラキラ・プロジェクト
現地コーディネーター
相原功志 記
[PR]
by kjkirakira | 2012-09-09 01:24 | 日本で 民芸品販売
①キラキラのマサイビーズのアクセサリー

キラキラ保育園の園児100人中、
30人くらいの保護者たち(お母さんやお祖母ちゃん)が、
マサイビーズのアクセサリーをつくって、それをキラキラに売って、
それでキラキラ保育園の学費を支払っています。


テレビで国境地帯でのインタビューに応えていた
お祖母ちゃんと孫のガブリエル

b0124020_0202566.jpg



4か月(学期)ごとに、
こうして30人の園児とその保護者のママさんたちを、
キラキラ保育園の教室に召集して、
学費分のビーズ・アクセサリーを購入する。

b0124020_0214167.jpg



1回の購入で、だいたいこれくらいの嵩になります。

b0124020_0252925.jpg




各種ブレスレット (300~500円)、

b0124020_0275051.jpg



b0124020_0275946.jpg



b0124020_0285924.jpg




各種ネックレス (500~1500円)

b0124020_0293590.jpg



b0124020_03039.jpg



b0124020_0304824.jpg




b0124020_0304960.jpg




キラキラのママさんたちからの仕入れは、
キラキラにて私と製作者のママさんたちが正対して行うので、
確実であり、直接、製作者やキラキラ保育園の利益に反映します。

なお、ここで紹介したものが全てではなく、
時期により市場にも流行があります。

手に入りやすいもの、こちらのお勧め品など、ご相談ください。


K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2012-09-09 01:23 | 日本で 民芸品販売
②キラキラ地元のナマンガで仕入れるもの


☆東アフリカの女性が愛用している大きな布カンガ
(1500~3000円)

カンガを仕入れるお店の店主

b0124020_044426.jpg



女性が手軽に、上に一枚、下に一枚羽織る

b0124020_0443495.jpg



赤ちゃんをしっかり包む

b0124020_0445867.jpg



赤ちゃんをおんぶしたり抱っこしたり

b0124020_045631.jpg



S.Y.さん作、カンガ製子供服 (モデルA.N.)

b0124020_0442722.jpg



A.N.さん作、カンガ製子供服 (モデルA.N.)

b0124020_0443274.jpg




☆マサイの人たちが愛用している古タイヤ製のサンダル
(1000~1500円)

b0124020_045273.jpg



製作者のJさんと、日本人旅人のSさん

b0124020_0442944.jpg




☆タンザニア産のインスタントコーヒー「アフリカフェ」
(500~1000円)

缶に入っている
現地ナマンガでも品薄で手に入りにくいのが難点

b0124020_0445919.jpg




K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2012-09-09 01:22 | 日本で 民芸品販売
③170㎞離れたケニアの首都ナイロビで仕入れるもの


☆マサイ族の男性が愛用している大きな厚手の布
(1500~3000円)

左側の男性が羽織っている青い布です

b0124020_111344.jpg



寒い日に赤ちゃんをおんぶしながら自分の防寒着にもなります

b0124020_111655.jpg




☆各種キーホルダー
(300円)

b0124020_11875.jpg



b0124020_10445.jpg



b0124020_111349.jpg




☆木彫りの動物など
(500~1500円)

黒檀製は、最近はなかなか手に入りません

b0124020_104761.jpg



色柄付きのキリンは格好良いですね
木彫りの人形などもあります

b0124020_105237.jpg




☆針金製の動物や乗り物
(1000~2000円)

自動車です

b0124020_112287.jpg



オートバイは芸術的です

b0124020_1126100.jpg



虫や動物などを、針金の骨格にビーズを組み合わせてつくります

b0124020_105376.jpg




ナイロビでの仕入れは、
運搬なども大変で、
何度も何度もできるものではありません。


K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2012-09-09 01:21 | 日本で 民芸品販売
④日本でつくるキラキラ・グッズ


☆キラキラ・オリジナルTシャツ (2000円)

2008のキラキラ現地スタッフたち
PTA会合の日などに、皆さんこれを着て出勤して来ます

b0124020_1112166.jpg



コーディネーター相原ファミリー
こども用もつくれます

b0124020_1111835.jpg




☆キラキラ・カレンダーはがき (600円)

キラキラ保育園の100人の園児を、
誕生月ごとに撮影したものです
絵葉書サイズ、12枚組
現地の新年度開始である1月に撮影するため、
日本での販売などは4月スタート版になります。

b0124020_1115218.jpg




K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2012-09-09 01:16 | 日本で 民芸品販売