アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
キラキラ小学校アンボセリロード・キャンパス(1・2年生部門)の校庭の一角に、
昨年井戸を掘って、
その周辺に関連施設を建設する作業が続いています。

電気でくみ上げた水は、
最終的には我が家の給水塔の貯水タンクに貯められ、
そこから我が家と同時に小学校にも、一部のご近所さんにも供水されるようになります。

しかし、井戸のすぐそばにも貯水タンクを設置します。
タンクは高いところに置き、
そこまでは電気でくみ上げるとしても、
そこからは重力で落とすことになります。

で、タンクを載せる台の代わりに、
倉庫兼守衛室を建設し、
その屋上をコンクリートでかためて、
その上にタンクを置くことにしました。

屋上にコンクリートを施す作業は、
いろいろな鉄筋を組み、
出来上がったばかりで水浸しのコンクリートが屋上に留まるように板を屋上中に敷き詰めて支えとし、
砂と砂利とセメントを水で混ぜてコンクリートをつくり、
それを屋上まで届ける、
という、全て人力の大作業なのです。
一つ一つの作業に時間も根気も要るのです。

建設職人たちは、
この作業をシャッターと呼び、
まるで一大行事のようにとらえています。

その当日がやって来ました。

棟梁は2人、
いつものケンさんと、
保育園の主任教師タビタ先生の旦那さん。

建設助手は7人、
スクールバスの運転手のジュリアス先生、
ビリカの調理人のネルソン先生、
ビリカの守衛のデリックさん、
保育園のユーニス先生の旦那さん、
いつものギギさん、
そして、今回の建設に運良く毎日参加することができたイブさんとオチエングさん。


屋上の鉄筋が準備完了。
ここにコンクリートを流し込んでいくのです。

b0124020_00575019.jpg



















砂と砂利とセメントを混ぜてコンクリートをつくります。

b0124020_00581879.jpg



















出来上がったばかりのコンクリートは、
バケツに入れられ、
梯子を使って何人もの手を介して屋上まで届けられます。
結構重いので、重力に逆らうこの作業はなかなか大変です。

b0124020_00575161.jpg



















我が家の給水塔から眺めたアンボセリロード・キャンパス。
手前に1・2年生の教室、校庭のいちばん奥に井戸があります。
オロック山の山並みがきれいに眺望できます。

b0124020_00575079.jpg



























日曜日は建設を休み、
月曜日から再開です。


相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2017-06-24 23:00 | 現地で 小学校

楽しい建設の日々

井戸関連の建設を続けています。
毎日7時に作業を開始、
お昼休みを短時間にぎゅっと縮め、
15時には終了し、
夕方は疲れを癒したり、
他のことをしたり、
自由に過ごす時間の余裕もあります。

毎日6~9人くらいの男たちと一緒に、
みんな楽しく、和気あいあいと、
ああだこうだ建設や私生活の話をしながらやっています。


井戸のそばの守衛室+倉庫です。
この天井部分をコンクリートでかため、
大きな貯水タンクを乗せるのです。

b0124020_10515255.jpg



















門柱もきれいに出来上がりました。

b0124020_10515294.jpg



















道路をはさんだ隣接地も、
鉄条網のフェンスで囲います。
ここもキラキラ関係の施設になるのです。

b0124020_10515234.jpg



















右前の建物はご近所さん。
右側にずらっと石を並べているのは、
そのご近所さんに対して道路との境界をばしっと示してあげるため。
このご近所さんは、ご覧の通り、
左端の部屋が道路に飛び出した状態で建設を進めているのです。
道路はみんなのもの、とくに私たちも利用するものであり、
道路に私物を建設するなど許されることではありません。
しかし、このご近所さんは、
頑なにこの建設を進め、
土地や建設や治安関係の役人たちに賄賂をばらまき、
無理やり押し通そうとしているのです。
ご近所さんが悪い人だとストレスがたまりますねぇ。

b0124020_10515171.jpg



















1・2年生たちは、
建設の邪魔をしないようにと、
教室の近くで遊んでいます。

b0124020_10515298.jpg



















相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2017-06-19 23:51 | 現地で 小学校

井戸のための建設開始

ご無沙汰しておりました。
しばらくナマンガ地域の電波が悪く、
ブログをスムーズにアップすることができなかったので。

久々に建設を再開しました。

今回は、ビリカ(3・4年生部門)ではなく、
アンボセリロード(1・2年生部門)の校庭の一角、
昨年7月に掘った井戸の近くに、
車両などが入れるように門と、
井戸から電気でくみ上げた水を一時的に貯めておく水槽を置く台と、
その下に井戸管理者の部屋および農作業道具の倉庫とを建てるのです。


門に車両が入りやすいように、
道路側も整備します。
ビリカの調理人ネルソン先生(左)と、
スクールバスの運転手ジュリアス先生(右)も、
週末ということで建設に参加しています。
ジャシンタ先生(中央)が監督しています。

b0124020_23333041.jpg




門をセットして、
門柱をコンクリートで四角柱にかためます。

b0124020_23341165.jpg




守衛室+倉庫+水槽台の基礎をつくり始めています。

b0124020_23344730.jpg




建造物が出来上がったら、
配管して、電気を通して、
井戸が機能し始めることになります。

そうしたら、
校庭の一角を畑にして、
キラキラの給食の食材の多くを栽培することになります。


相原 記
[PR]
# by kjkirakira | 2017-06-17 23:37 | 現地で 小学校

2017年5月21日(日)
東京都板橋区内の、
都営地下鉄三田線、
志村坂上駅前にある、
しむらん通りで行われたフリーマーケットに出店しました。


こちらのフリーマーケットは、
キラキラの支援者Cさんの地元である事から、
キラキラに出店しないかと声を掛けてくださり、
ブースの抽選から出店料の支払い、
更に今回は当日販売の手伝いもしてくださいました。


会場のしむらん通りは、
12時から17時まで歩行者天国へ。

フリーマーケット自体は、
12時半から始まります。


フリーマーケットでアフリカの民芸品を置いているのは
私達キラキラだけだった様なので、
幼児からご年配の方々まで、
アフリカの民芸品に興味津々。


ビーズアクセサリーやパワーストーンのヘマタイトのアクセサリーを沢山試着しながら
自分に合う物を買ってくださったお客さま、

ずっと気にしていたキリンの置き物を買ってくださった、
お隣の出店者さま、

購入はしなかったけど、
キラキラの活動に高い関心を持ってくださり、
パンフを持って帰ってくださったお客さま、

キラキラの活動に共感し、
キーホルダー等を沢山買ってくださり、
更に募金もしてくださったお客さま、

去年の秋にも出店していた事を覚えてくださっているお客さまも
多くいらっしゃいました。


今回は、
支援者のHさんが閉店した知人の文房具店から頂いた連絡帳や色鉛筆の売上全てと、
ボランティアスタッフのさりーさんが自宅から持って来た私物の売上一部もキラキラの活動費として売りました。


しむらん通りでのフリーマーケットは、
毎年5月と10月に行われています。
今後も出店する予定なので、
皆さまも機会があれば是非足をお運びくださいね。



b0124020_20401424.jpg
















b0124020_20401322.jpg




















キラキラ☆ボランティアスタッフ
Y.N記


[PR]
# by kjkirakira | 2017-05-21 23:36 | 日本で 活動報告

キラキラを支えてくださる皆さま、


5月も順調にお過ごしのことと思います。
今回は、下記のフリーマーケット(フリマ)の案内をいたします。
商店街で和やかなムードの中で繰り広げられるフリマです。
お気軽に、お立ち寄りください。





イベント:フリーマーケット

日時:5月21日(日)12:30-17:00

会場:しむらん通り商店街(東京都板橋区志村1丁目)

交通:都営三田線「志村坂上」駅A4出口を出てすぐの辺り

「キラキラを支える会」ブース番号59



相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2017-05-07 18:32 | 日本で 案内・告知