アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

建設の最終仕上げ

日々の建設がもうすぐ終わります。


ビリカキャンパスに建てた屋外トイレの塗装も終了。

b0124020_00052547.jpg


















ご覧のように、廊下から各トイレにアクセスする形になります。

b0124020_00052558.jpg


















三教室の廊下(ベランダ部分)です。

b0124020_00052410.jpg



























身長計測用の目盛りをマジックで書きました。
念のため200㎝まで。

b0124020_00052549.jpg



























三教室の窓ガラスは半透明。
外から中を覗こうとすると、
ご覧のように外の景色が鏡のように反射して見えます。

b0124020_00065846.jpg


















こちらはアンボセリロードキャンパスに掘った井戸。
選挙関連で、各地のビジネスがストップしており、
電気会社もアンボセリロードキャンパスの電気の開通を無意味に遅らせており、
井戸会社も機能していないようで、
井戸の穴の部分は無機能のまま2018を迎えそうです。

b0124020_00082107.jpg


















その井戸のすぐそばに建てた守衛室+倉庫の上に、
1万リットルの水槽を設置しました。

b0124020_00082090.jpg


















ご覧のように、配管は済ませました。
井戸水を水槽までくみ上げる管と、
水槽から各地へ供給するために重力で降りてくる管とが、
双子のように並びます。

b0124020_00082069.jpg



























重力で降りてきた水を、
まずは水道の蛇口から得て、
井戸周辺の土地の農業に利用します。

b0124020_00082101.jpg


















そして、井戸から100m以上離れ、
井戸のあるところよりも高度の高い地点にある我が家の敷地内に建てた
キラキラ教職員用のパソコン事務室および食糧倉庫の上に、
1万リットルの水槽を設置し、
井戸水をそこにもくみ上げるように配管を済ませました。

b0124020_00082129.jpg


















下部にはマンホールをつくり、
水槽にくみ上げる管の流れと、
水槽から降りてくる管の流れとを、
赤いバルブで管理します。

b0124020_00082048.jpg


















降りてきた水の一部は、
アンボセリロードキャンパスの学校用水となります。
ご覧のように給水されます。

b0124020_00082105.jpg



























壁を突き抜けた緑の管が2つの水槽に接続され、
水槽を満たすことになります。
教職員や児童たちは、
前部の蛇口から水を得ることになります。

b0124020_00082103.jpg



















あともう少し(あと1日)で今年度の建設終了です。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2017-09-20 00:04 | 現地で 小学校