アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ナマンガ地区代表の県会議員

ケニアでは、
8月の総選挙に出馬する各党の候補者を決めるために、
予備選挙(国民投票)が連日のように各地で行われています。

ナマンガを含むカジアド県で、
与党の候補者を決める予備選挙が不祥事により延期され、
その延期された日がやって来ました。

結果、またしても不祥事!!!

上院議員、下院議員、県知事、女性代表を選ぶ投票用紙は届いたのですが、
県会議員を選ぶ用紙が、
何故か投票会場の一つである公立ナマンガ小学校だけ届かず。
同会場に登録されていた2000人くらいの選挙権保持者が、
県会議員のみ投票できないという事態に陥りました。

県会議員といったら、
いちばん地元に密着した大事なポストです。
地元の平和は、県会議員の気質に頼むところが大きいのです。

ナマンガ小学校以外の投票所での集計では、
現職のH氏が、2位のP氏を2000票くらい突き放して1位だったようで、
仮にこのナマンガ小学校での投票があったとしても、
その順位が覆ることがなかったと言えます。

しかし、2位のP氏の票田が、
ナマンガ市街、すなわちナマンガ小学校での投票者たちに集中していることから、
H氏側の何らかの工作(投票用紙を盗んだり隠したり)があったのではないかと疑われています。

H氏自身はとてもクリーンで、
地域の急速な発展はほとんど望めないものの、
地域の安定と平和はしっかりと望めるような人物です。

今回、H氏の再選は難しいだろうと考えられていたのですが、
蓋を開けるとまだまだ断トツの1位。

しかし、今回の不祥事で、
H氏の株が暴落してしまったことでしょう。
8月の選挙本戦では、
2位だったP氏が政党を変えて出馬し、
打倒H氏に名乗りを上げて来ることでしょう。

予備選挙で3位以下の候補者たちを応援していた人たちの中にもアンチH氏が多く、
本選挙でのH氏の苦戦は必至となりそうです。

とにかく、私たちは、
政策がころころ変わらず、
政策が保守派にも改革派にも公平に利益を与えるくらいのところで安定し、
平和や秩序を乱す輩に対して厳罰が下り、
健気な一般市民が安心して生活や商売や事業を続けられる、
そんな地域の安定を願うばかりです。

今後5年間の安定が、
8月の総選挙にかかっています。
人間は投票できますが、
人間の力だけではどうしようもできないような、
見えない力が働くのが選挙戦です。
とにかく、平和と安定を祈ります。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2017-04-26 15:49 | 現地で 全般・他