アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

中国製がキラキラにやって来た

アフリカの至る所に経済進出する中国。
エジプトのカイロと南アフリカのケープタウンを結ぶアフリカ縦断ハイウェーの一部である
ナイロビ~ナマンガの道路の舗装やナマンガ国境の整備も、
中国企業が請け負っていました。

その数年間に及んだ建設業務が一段落し、
中国企業の団体様がナマンガを出て行く日が近付き、
いろいろなものがナマンガの人たちに寄付されたり安価で売られたりしています。

私たちも、熟考したうえで、
5教室分くらいの規模の組み立て式住宅を購入することにしました。

キラキラの小学校建設が、
資金面や計画面で多少行き詰まったとしても、
確実に5教室が確保されていることは心強いです

さらに、1学年1クラスを想定している学校運営が、
1学年2クラスになってもすぐに対応できるようになります。

そして、将来的に、
キラキラ小学校の寄宿舎としても、
キラキラ高校も建てようというときにも、
スタッフたちの宿舎としても、
いろいろな用途で利用できるのです。


朝日を浴びるビリカ・キャンパス。
さあ、今日も一日、
太陽の恵みを受けて生きていこう!

b0124020_11405531.jpg
















これらのパーツを組み合わせて、
建物を建てていくことになります。

b0124020_11405537.jpg
















基礎だけは予め自分たちで建設していく必要があります。
基礎工事のための溝を掘っています。

b0124020_11405458.jpg
















夕方ビリカ・キャンパスに遊びに来たノゾミさん(2年生)とヒカリさん(年長組)。
水を得た魚のように、新設の鉄棒にまとわりついてぐるぐる回っています。

b0124020_11405597.jpg



















相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2017-02-09 23:34 | 現地で 小学校