アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

キラキラ小学校入学受付2日目

2015年11月24日(火)は、
キラキラ小学校入学受付の2日目、
キラキラ保育園以外の保育園出身者が対象です。

何と、朝6時ちょうどに小学校に出てみると、
既に12組くらいの親子が静かに腰を下ろして待っていました。

結局、既定の8時までに、
ジャシンタ先生による第一チェックを受けたのは25人。

評価の目的の入学試験を行います。
案の定、キラキラ保育園出身者に比べて、
苦戦する子がほとんどです。

自分の名前も書けない、
アルファベットのうち5文字も知らない、
そんな子もちらほら。

緊張と恐怖で泣いてしまう子も。

時と場所と状況がわからず、
あちこち飛んだり跳ねたり、
何もかも触ってみたりする子も。

試験の様子はこんな感じ。
先生方は、左より、
ポウリーン先生、ドロシー先生、アレックス先生。

b0124020_01225134.jpg















こちら、特別支援児童のエマニュエルくん。
キラキラ小学校2年生に在籍していましたが、
年齢(既に17歳)を考慮して、
近くの私立オソトゥア小学校に転校させ、
一気に4年生に飛び級させてもらったのです。
来年は5年生になります。
この日は年度末ということで、
支援者であるキラキラへの感謝のあいさつに訪れたのです。

b0124020_01213742.jpg















この日、
エマニュエルの姪っ子にあたる2人が入学受付を済ませました。
既に2人の姪っ子がキラキラに在籍しているので、
これで4人となります。

ADHDの子も2人入学。
私自身がまず、
ADHD(注意欠陥多動障害)やLD(学習障害)のことを、
もっともっと勉強して、
先生方に指導できるようになるといいなと思います。

この日、
第一チェックを経た25人全員の入学が確定。
1年前の2日目は14人、
2年前は17人でしたから、
キラキラ保育園以外からの入学が増えたことになります。

この理由として、
キラキラがスクールバスを入手し、
建設も進行していることで、
沿線の住民を中心に、
キラキラの知名度も高まり、
信頼度も高まったことがあります。

また、やや停滞気味の保育園に比べ、
小学校部門の奮闘が、
そろそろ地域の人たちの目に留まるようになってきたこともあるでしょう。

それから、
相次ぐ公立小学校の教職員のストライキによる学級閉鎖が、
児童生徒の公立離れを加速していることもあります。

そのうえ、
数年前に開校したあの私立のライバル校=マンモス校が、
学費も高くて教育のレベルも低く、
大いに期待外れだったということもあり、
どんどん転出が続いているとか。

さらに、ケニアの経済成長が行き詰ってきており、
バブル崩壊寸前のような気配が漂い、
多くの人が金欠と物価高騰でストレスをためており、
普通の私立学校に通っていた子たちが学費を払えなくなってきたということもあるでしょう。

このまま行くと、
来年、再来年と、
キラキラ小学校の入学希望者が加速度的に増えるかもしれません。
キラキラ保育園の入園希望者が加速度的に増えて、
真夜中から行列ができていたかのように。

さて、この日の入学受付は13時前に終了。

引き続き、
小学校の先生方一人一人に給料を渡し、
来年の雇用を約束しながら、
一人一人に励ましと期待の言葉をかけます。

そして、先生方と、
ソーダで乾杯!

来年1月4日(月)9時に、
新学期準備のために会おうと言ってお別れしました。

ドロシー先生は12月に出産予定です。
代わりに、
今年の1月から4月に雇用されていたレジナ先生を再雇用する予定です。
ドロシー先生も、
まずは無事に産み育て、
落ち着いたころにキラキラに戻ってもらいたいと思っています。

とにかく、それぞれの12月休暇を満喫してもらい、
リフレッシュして1月のキラキラ再始動に臨んでもらいましょう。


相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-11-24 23:19 | 現地で 小学校