アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

久々に建設現場へ

キラキラ小学校本校舎建設現場で、
久々に建設が再開しました。

これまでは、建設のための準備期間で、
いろいろと遅れる諸々の事情があり、
我慢の日々でしたが、
ようやく建設そのものを進める状況が整いつつあります。

手始めは、
守衛さんが寝泊まりしたり、
建材を保管しておくための家の建設です。

ご覧のように、
材木で骨組みをつくり、
トタンで覆って建てます。
簡単につくれるのがメリットですが、
決して頑丈ではありません。

11年前に、キラキラ保育園を建てた時の、
メインの棟梁の一人だったムトゥネさんを筆頭に、
男たちがせっせせっせと…、と思っていたのですが、
いざ現場に行ってみると、
せっせせっせどころか、
一人が何かしているのをみんなで無意味に協力し、
役割分担も、仕事のスピードもありゃしません。

あまり出しゃばりたくないのですが、
職人さんたちに任せっきりだと、
日当がかさんで建設資金の無駄使いになってしまうので、
やはり介入せざるを得ません。

「ちょっと、棟梁さん、トタンを抑えるのは助手に任せて、あなたは他の仕事に取りかかってくださいよ」
「棟梁さん、ここは~インチでいいんだよね」
「助手さん、ほら、~インチ測ったから切って」
「助手さん、ほら、のこぎりで切る時はまっすぐ、垂直にね」
「棟梁さん、ここの続きは私がやっておくから、もう一つの方に取りかかって」
などと、ぱっぱぱっぱと指示を出します。
本当はこんなに出しゃばりたくないのですが…、
お金も時間ももったいないし…。

おかげで、何とか2日間で、
棟梁2人、助手2人の態勢で、
3.6m×2.7mの部屋が2部屋つながったトタンの家を、
9割方建て上げることができました。

2晩、守衛の2人は、
外に置いた自動車で風雨をしのぎながら夜を過ごしていましたが、
今夜からは屋内で夜を過ごすことができます。


建設中の様子です。

b0124020_00364926.jpg















背後にはオロック山、
敷地全体が見渡せる高位置で、
校舎などの建造物が建つ近くに建てました。

b0124020_00364917.jpg















雨季で、空気が澄んでいるので、
キリマンジャロの山頂もくっきりと一望できます。

b0124020_00364903.jpg















アフリカ大陸4番目に高いタンザニアのメルー山も一望できます。

b0124020_00364843.jpg















相原 記


[PR]
by kjkirakira | 2015-04-17 23:53 | 現地で 小学校