アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

白鴎大学HFTE★20120429

キ・アフリカの翌日、
2012年4月29日(日)、
宇都宮のクラブBASQにて、
白鴎大学HFTE主催の学生イベントに参加しました。


思い起こせば2年前、2010年一時帰国時、
日本側キラキラを支える会ではボランティア不足に悩んでいました。
そこで、インターネットを介して呼びかけたところ、
白鴎大学の当時2年生の佐川想さんが反応してくれました。

佐川さんは、
大学で国際交流サークル「トムソーヤ」を立ち上げたばかりで、
当時まだ試行錯誤で、これから何をどう活動していこうか、
チャンスを探し求めていたところでした。

そこで、キラキラを知り、
アフリカの田舎で現地に根付いた活動をしていること、
小さい活動ゆえに、支援が確実に現地に活かされるのがわかりやすいということ、
大学生のサークル活動レベルでも、十分現地での活動に反映できるということ、
キラキラを支える会が求めている、日本でのボランティア活動からも十分学ぶことができるということ、
といった点で、
キラキラとのパートナーシップを築くことをサークルで決定してくれたのでした。

白鴎大学 国際交流サークル「トムソーヤ」
http://tomsawyer-so.jimdo.com/


その後、佐川想さんは、「トムソーヤ」とは別に、
「Heart For The Earth」という活動も始めました。
略してHFTE。

HFTEは、食を通して、健康の意義を地球規模で考えることが目的ですが、
具体的には、
大学生や市民の方が農作業経験などを通して食文化と健康的食生活を学び、
そうした数々のイベントや試みによって得た収益を、
発展途上国(キラキラなど)の給食支援目的で寄付する、
といった活動です。

白鴎大学の学食で、
1食300円の品を、320円で販売し、
収益20円×販売数をキラキラに寄付できないか、
という提案を大学側に提出して、その返事をずっと待っている状態です。
大学の好意的な返事をいただけるかいただけないかは別として、
この提案を通して、
私自身も多くの資料を提供することになり、
改めてキラキラにとっての給食の意義を深く考えるきっかけになりました。


さて、クラブBASQでのイベントに戻ります。
このイベントは、白鴎大学(小山市)のある栃木県にある大学の、
新入生歓迎+啓発の意味もありました。

クラブなので、DJタイムなどもあり、みんな元気に踊っていましたが、
少林寺拳法のパフォーマンスや、バンドの演奏などもありました。

また、各方面で活躍する人や団体による、
真剣なプレゼンテーションなどもありました。
キラキラも、10分程度でプレゼンテーションを行いました。
「大人の本気に触れる」というのがイベントのコンセプトでもありました。

また、栃木の大学の美女たちによる、
カンガのファッションショーもありました。
カンガとは、東アフリカで女性に愛用されている布です。
着付けをしたのは、言うまでもないジャシンタです。

b0124020_154040.jpg



ジャシンタも、望も光も、この日はマサイ族の伝統衣装で臨みました。

b0124020_1650100.jpg



b0124020_174672.jpg



とても健康的で、若い力を分けてもらい、
とても興味深く楽しいイベントでした。

b0124020_18397.jpg



私自身、若い頃に、人生の先輩たちに多くを学びました。
また、キラキラを立ち上げるにあたっては、
世界各地で行われている大小さまざまな活動団体から学びました。

今こそ、できる限り、若い世代のために自分の経験を還元していくときです。

白鴎大学HFTE、これからもよろしくお願いいたします。

b0124020_191754.jpg




K.A.記
[PR]
by kjkirakira | 2012-08-15 01:11 | 日本で 活動報告