アフリカでのこども支援 「キラキラ・プロジェクト」 + それを日本で後援  「キラキラを支える会」


by kjkirakira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ケニア総選挙の翌朝に

ケニアの5年おきの総選挙、
昨日2017年8月8日に全国一斉に投票が行われました。

ケニアの人口は約4千万人。
うち、選挙人として登録(選挙権のある18歳以上の人口のうち、投票をするために登録を要する)されたのは約半数。
その中で、18歳~35歳が約半数、すなわち人口の約4分の一。
つまり、人口の約半数がこどもと十代の思春期たち!
35歳超の中高老年は人口の4分の一にすぎない、ということ。
ということ。
高齢社会の日本からすると、とっても活気があってうらやましいですよね。

18歳、といっても、18歳になったら自動的に選挙権獲得というわけにはいかず、
まず、18歳になったら身分証明書を申請し、
数か月(数年)かけてそれを取得し、
そのうえで選挙人として登録をしに行く、という手順。
従って、我が親族の21歳と20歳の青年たちは、
残念ながら選挙人登録に間に合わなかったのです。

全国各地に投票所が設けられ、
各投票所の平均の選挙人数は1000人。
しかし、都市部の投票所は多く、過疎地域では少なくなります。

ナマンガには、公立ナマンガ小学校、公立AIC小学校、公立ビリカ小学校の3つの投票所。
我がジャシンタは、朝7時に母校でもある公立ナマンガ小学校に出かけ、ずっと並んで順番を待ち、
朝11時には投票を終えることができた、とのこと。
投票を終えた印として、指の爪が黒いマジックペンで塗られるのです。
つまり、2回投票するという不正を防ぐためです。

全国各地の投票所での長い長い行列の様子がテレビで伝えられ、
中には6時間もずっと行列の中に立ち尽くしている人もおり、
また、朝6時に始まるはずが、不手際により午後1時にようやく開所した投票所もあり、
ケニア人の忍耐強さを垣間見ることにもなりました。

投票は6回、すなわち、6枚の用紙で投票します。
①大統領
②上院議員
③下院議員
④県知事
⑤県の女性代表
⑥県会議員

うち、県関係のポストは、前回2013年の総選挙時から新設され、
先の5年間は地方分権の最初の機関となり、
各地で悲喜こもごも、地方政治の恩恵と悲哀が現れていました。

私たちキラキラとしては、
プロジェクトが小さかった時代は、
政治の影響をあまり受けなかったのですが、
2014年に小学校部門を開設し、
徐々に徐々に大きくなるにつれて、
その影響をまともに受けるようになり、
今回の総選挙はこれまでになく大きな関心を払っていました。

6つの全てのポストが重要なのですが、
とくにいちばん身近な⑥の県会議員が重要です。

前々期の県会議員(当時は市長)は、
キラキラが公立小学校建設を目指して政府からの土地供与を申請していた頃に、
キラキラのことを理解し、奔走してくれました。

前期の県会議員は、
私たちの近所に住むごく普通の男性で、
私と同じキリスト教会に通い、
娘と息子をキラキラに通わせています。

彼は、政治家としては珍しく、金持ちではなく、むしろ貧乏な部類に属します。
というのは、
キリストと神を畏敬し、
汚職や贈収賄とは無縁で、
事を成すことよりも事を和らげることに力を注ぎ、
地域のいびつな発展よりも、地域の平和と安定を第一優先する、
そんな謙虚な人だからです。

一部の人たちは、そんな彼をばかにします。
しかし、教育の成果か、頭の良くなった多くの人は、そんな彼を支持します。

彼の最大のライバルは、
逆に、金持ちで、選挙戦ではお金をばらまき、
ライバルである「彼」に暴言を浴びせ、
女遊び、土地売買のゲームが大好きで、
多くのビジネスの発展に関する大きな公約をして、
支持者を優遇するぞという力と姿勢を露骨に現わす人物なのです。

一部の人たちは、そんな奴を支持しますが、
最近頭の良くなって来た多くの人は、そんな奴を絶対に支持しません。

幸い、投票日の翌朝未明、
神とキリストを崇拝する彼の勝利が決まり、
お金を崇拝する奴の敗北が決まりました。
早朝5時、彼の支持者たちが路上で歓喜の叫び声を上げるのが聞こえて来ました。

もし、お金を崇拝する奴が勝利していたら、と思うとぞっとします。
今後5年間、汚職や贈収賄が隆盛し、
お金がなくては何の行政サービスも受けられなくなり、
土地の略奪の脅威に常に怯え、
人々の間に憎悪やヘイトスピーチが蔓延し、
一部の人(支持者)が経済的に繁栄する一方で、繁栄をむしり取られる人が多発し、
キラキラにとっても厳しい状況に陥って行くことは必至でした。

ケニアで資本主義がある程度発展して物質的な豊かさが何たるかを知った今、
多くの人は競争や発展よりも平和と安定を願い求めているのです。
普通に起きて、普通に仕事をして、普通に食べて、普通に寝る、
そんな暮らしを待望している人たちが大半なのです。

この8月、このまま暴動などが起こらずに平和な日常が保たれ、
今後5年間、大きな負の変化や脅威にさらされることなく平和な日常が保たれる、
そんな幸先の良い第一歩が、ナマンガにて踏み出されました。

県会議員の彼の2人の子はキラキラで学んでいます。
長女ミッシェル(2年生)と長男エイドリアン(年少)、5年後の総選挙の時には7年生と3年生。
この5年のうちに、キラキラも発展期を乗り越えて徐々に安定期に入っていくことでしょう。
(7月7日のキラキラ運動会+音楽祭にて、前・現県会議員とミッシェルとエイドリアン)

b0124020_13123199.jpg



























相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2017-08-09 07:12 | 現地で 全般・他
キラキラ保育園と小学校は、
既に2学期が終了して8月休暇に入っていますが、
私と建設職人たちは、
毎日毎日毎日毎日建設です。


中国製仮設住宅(仮校舎)です。
壁の組立が終わり、
床をセメントで施していきます。

b0124020_00282987.jpg



















ご覧のように、赤い塗料を混ぜたセメントで仕上げます。

b0124020_00282941.jpg



















ビリカ・キャンパスには屋外トイレが1つ(トイレ5室+浴室)のみ。
もう一つ(トイレ5室+浴室)をつくるために、
深い深い穴を掘ります。
穴は7.5mの深さに及びます。

b0124020_00282842.jpg



















穴の底を掘っても、
その土を外に放り出すわけにはいかず、
ご覧のようにバケツに土を入れて、
それを上で引き上げる方式です。
ちなみに「北の国から92巣立ち」の黒板五郎さんは、
井戸を掘るのも土を外に出すのも一人だけで効率良くするために、
自分で工夫して専用の器具(滑車の利用)をつくっていましたね。

b0124020_00282994.jpg



















そのトイレの穴にコンクリートの蓋をするシャッター作業の日です。
まず、鉄筋を入念に組んでいきます。

b0124020_00282964.jpg



















セメントと砂と砂利を混ぜてコンクリートをつくります。
(後ろの白壁の建物が中国製仮設住宅=仮設校舎)

b0124020_00282924.jpg



















コンクリートを鉄筋の上に流し込んでいきます。

b0124020_00282801.jpg



















建設現場では、ラジオを聴きながらの作業です。
ラジオから流れてくる話題はもっぱら総選挙。

8月8日の総選挙の投票日が迫っています。
今回の選挙では、何だかきな臭い臭いが漂っています。
選挙後に暴動が発生するかも!
そんな危惧と懸念を、国民みなが抱いています。

逆に、平和を訴える声が四六時中聞こえます。
国民の大多数は、
誰が選挙で選ばれようとも、欲しいのは平和なのです。

暴動の火種がどこにあるか?
火種はいろいろあるのですが、
いちばん厄介なのは、
ある政治家グループが選ばれた際に経済的な利益を約束されている金持ち一派なのです。

戦争をしてでも金儲けしたい人々。
資本主義の極み、資本主義の極限、
それは、戦争なのでしょうか?

そんな雰囲気もあり、
毎日のキラキラの建設も、
総選挙の前後はお休みします。

選挙後に、普段通りに建設が続行できることを祈るばかりです。


相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2017-08-03 23:30 | 現地で 小学校

2学期終了日

2017年7月28日(金)、
キラキラ保育園児と小学生が、
アンボセリロード・キャンパスに大集合して、
2017年2学期の終了日を迎えました。


朝礼に引き続いてみんなで集合写真。
給水塔に登った私が、
グランドにいる全校児童(年少組~4年生)と全教職員を撮ります。

b0124020_01520800.jpg



















お誕生会の対象は7月生まれと8月生まれの保育園児および1年生。
こちらは8月生まれさんたち。

b0124020_01520842.jpg


















7月生まれのシャロンさん(年中組)と、
8月生まれのエスターさん(4年生)は、
親御さんがバースデーケーキを寄贈してくれました。
ジョイス先生の音頭で、
そのケーキ入刀式です。

b0124020_01520868.jpg



















次いで、食べさせっこの儀式です。
シャロンさんは、お母さんが来られなかったので、
代わりにおばさんであるジュリアナ先生がお母さん役になっています。
食べさせる側もついつい口を開けてしまうのは、
万国共通ですね。

b0124020_01520858.jpg



















年少組の成績優秀者たち
中央の背の低い女の子の名前はジャシンタちゃん!

b0124020_01545360.jpg



















年中組の成績優秀者たち

b0124020_01545217.jpg



















年長組の成績優秀者たち

b0124020_01545279.jpg



















1年生の成績優秀者たち

b0124020_01545318.jpg



















2年生の成績優秀者たち

b0124020_01545381.jpg



















3年生の成績優秀者たち

b0124020_01545366.jpg



















4年生の成績優秀者たち

b0124020_01545423.jpg



















次いで、学年(クラス)ごとに出し物
こちらは年長さんたちによる歌とダンス

b0124020_01523435.jpg



















エマニュエルくん(中央の背が高い少年)によるサプライズ訪問。
キラキラで年長、1年生、2年生の3年間を過ごし、
歳が歳ということで、キラキラの特別支援対象となり、
他の小学校に2学年の飛び級のうえで転校させ、
現在AIC小学校の6年生。
当時の同級生であるキラキラ4年生たちに囲まれ、
もみくちゃにされて歓迎されています。

b0124020_01523503.jpg



















午後4時からはPTA総会。

その後は教職員の皆さんに7月分のお給料の支払い。

こうして無事に、平和に、円滑に物事が運んでいることを、
神様、そして、日本・ケニアの支援者・関係者の方々に感謝です。


相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2017-07-28 23:23 | 現地で 保育園+小学校
キラキラ小学校ビリカ・キャンパス(3・4年生部門)、
そこの主任教師アレックス先生撮影の数枚。


体育の時間の初めに、
ウォーミングアップとしてジョギングです。
ポウリーン先生も一緒です。

b0124020_02183637.jpg



















徒競走をする際に、
出走を控えた児童たちです。

b0124020_02183634.jpg



















学期末には机に紙やすりをかけてきれいにします。

b0124020_02183721.jpg



















貯水槽に群がって、
学期末の大掃除の水を汲んだりしています。

b0124020_02183543.jpg



















4年生女子の中でもしっかり者たちが、
職員室を掃除しています。

b0124020_02183681.jpg



















教室の雑巾がけです。
日本と違い、ケニアの雑巾がけは、
びしょ濡れの雑巾から始まります。

b0124020_02183790.jpg



















こちらは私がカメラマンになっての集合写真。
後ろに4年生、手前に3年生。
教職員は、
前から3列目左がポウリーン先生(校長先生)、
右がザイナブ先生(調理担当ネルソン先生の奥さんで、補助的に働いている)、
後列左側、左より、ジュリアス先生(運転手)、アレックス先生(主任教師)、
後列右側、左より、ジョン先生(教師)、ネルソン先生(調理担当者+守衛)

b0124020_02183549.jpg



















相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2017-07-27 23:18 | 現地で 小学校

キラキラ兄弟姉妹デー

2017年7月24日(月)、
キラキラのスクールバスの年次車検のため、
バスはナイロビ方面に出かけていきました。

スクールバスに乗って毎朝ビリカ・キャンパスに通う3・4年生たちは、
この日はナマンガの街に残り、
4年生は保育園に、3年生はアンボセリロード・キャンパス(1・2年生部門)に合流し、
小さい子たちを助けること、小さい子たちと楽しむことを学ぶ日としました。

普段、3つのキャンパスに分かれ、
同じ家族に属する兄弟姉妹やご近所の幼なじみたちも、
同じキラキラでありながら違う場所で学園生活を送っています。
それが、この日は合流できることになり、
早速お兄ちゃんやお姉ちゃんにべったりの弟妹たちも出現しました。


ビリカ・キャンパスのアレックス先生が、
保育園で年少さんたちと一緒に楽しそうに運動しています。

b0124020_18140241.jpg



















普段お勉強でパッとしないような子に限って、
小さい子思いの良いお兄さんやお姉さんになるのですよねぇ。

b0124020_18140191.jpg



















年の差で机を並べてお勉強するめったにない機会に、
どちらもご機嫌です。

b0124020_18140274.jpg



















年少さんたちにアルファベットを教えています。
ついこの間まで彼らが年少さんだったのに。

b0124020_18140261.jpg



















1年生の教室では、
1年生たちと、一部の3年生たちが混ざって腰かけています。

b0124020_18140208.jpg



















2年生の教室では、
2年生たちと、一部の3年生たちが混ざって腰かけています。

b0124020_18140143.jpg



















もっともっとこういう交流の機会があっても良いのかな、と思いました。
期待した通りの好印象な日になりました。


相原 記


[PR]
# by kjkirakira | 2017-07-24 23:04 | 現地で 保育園+小学校